理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。最近、シンプルライフを実践し始めました。

2018年の投資の損益はどうなったか?2019年のブログの方針も考えてみる。

茶金です、こんばんは。

もう、最後の週ということで、大して相場もやる気がないので、1年のリターンを計算してみました。

 

CFD利益:+40万(ピーク時+200万)

FX利益:-80万(3月に損切り)

株の利益:+465万(ピーク時+600万)

配当金:+3万

 

結局、上記のような結果で終わりました。

やはり過去を振り返ると、CFDやFXの成績は芳しくなく、改めて向いてないなということが良く分かりました。

 

ちなみに、CFDですが、12月頭にはまだ+200万ありましたが、昨今の下げで160万吹っ飛ばしました。

まぁ、調子に乗って、賭けに出たのが失敗でした。

大体賭けに出ると失敗するんですよね。。。

 

正直、指数の取引全般的に向いてない気がしてきます。

先物、指数から手を引いた方が良いのかもしれません。

指数は、淡々と積み上げるだけにして、個別株でしっかり利益を出すほうが良いのかもと、改めて考えさせられる1年でした。

 

 

 

f:id:chachakin:20181223222751p:plain

日経平均の1年間

2018年の年初は23000円付近で始まりましたが、年末は20000円を切って終わる感じでしょうか。

指数が-3000円を超える中、利益を出すことが出来て良かったと思っています。

 

ただ、この1年間の投資は、かなり苦痛の伴う投資でした。

やっていて、楽しいなっていう感じは一切なかったです。

1年通してトランプ大統領に振り回されたなと思うような1年でした。

 

今後、S&P500のepsが落ちていくと見込まれる中、トランプ氏の株高アピールはできなくなると想定されるため、異なる方法でアピールしていくのではないかと考えます。

正直、アメリカの政策は大分出ちゃっているので、後は落ちるだけという見方も強いです。

今、インフラ政策を出していますが、間に合うかどうか、、、

 

やはり、今後株価が上がらない中、アピールできる材料は何かと考えると、貿易赤字を減らすことです。

これは、株価が下がろうが成果として見えるので、株が上がらないならこちらで成果を上げようとなる気もします。

来年から始まる、日米の為替関連、怖いですね。

一気に円高もあるので注意が必要です。

 

今後、そう考えると、株のボラは高い状態になるので、損をする人も増え、株に興味がある人が減り、結果的に株ブログも流行らなくなるんだろうなーと思い始めています。

 

個人的には、今後真っ暗で荒波の中をひたすら漕ぎ利益を上げるのは、運でしかないので、無理をせずに、節約しお金を貯めるのもありなんじゃないかなと考えます。

そうすると、株だけじゃなく、節約とか断捨離とか、お金が出ていかない方法を書き、積み立て投資でこんだけ積み立てたよー的なブログの方が、自身のお金が溜まっていくように思います。

 

2019年は何となく最後の上げがあるように思いますが、それをうまく乗り切り利益を出すより、今後の数年後の下げトレンドに向け、何をしていくのが良いかを考える方が有意義かもしれません。

 

個人的には、景気の底で不動産投資というのもチャンスなんじゃないかなと思う次第です。

もし、センチメンタルが改善され、景気の先行きが払拭されたなら、再度しっかりと株をホールドする作戦にしたいと思っています。

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村