理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。最近、シンプルライフを実践し始めました。

FOMC後の損切り確定

茶金です、こんばんは。

 

本日は見事おはぎゃあでした。

FOMC前に少し上げていたので、発射台が高くなっていたということもあり、起きた時は思ったより下げてないということで、損切りを断行しました。

 

20800付近で損切りしましたが、事前にポジションを減らしていたこともあり、損切り額は160万円で済みました。

今年のCFDの利益が200万だったので、ほとんどの利益を吐き出したかたちとなりました。

ただ、指数を見ると、年初より下げているので、指数には勝っているということで良しとしたいと思います。

 

本日のマザーズは特にひどかったですね。

私の保持しているラクオリア創薬も暴落していました。

元々長期で持つ予定だったので、下げるのは気になりませんが、含み損については今年の利益と相殺しておきたいので、現物を入れ替えたいと思います。

 

 

 

■買い

日経平均株価CFD:21800(5枚-5枚)

ダウCFD:24550(5枚-5枚)

ラクオリア創薬:330万

ユビコム:130万

 

ラクオリア創薬も当初330万円で購入しましたが、すでに230万円程度の価値しかありません。

100万円はどこいったのでしょうか。。。

 

ボーナスが入ってすぐ、300万近く資産を減らすとか笑ってしまいます。

ボーナスは無かったことに。。。

むしろ、マイナスボーナスですね。

 

それにしても、FOMCはひどかったですね。

  • 12月の利上げ織り込み率が70%ということで、30%の人がショック売り。
  • 来年の利上げは0回~1回と予想されていましたが、まさかの2回でショック売り。
  • 元々は市場に考慮しつつ利上げを進めていくとか言っていたのにもかかわらず、そんなの考慮しないという発言で、どん底行き。

 

パウエルショックという名にふさわしい落ち方でしたね。

市場と対話しないFRBでは、危なくて投資なんてできたもんじゃありません。

そりゃショック安でPERも底割れするわということです。

 

そして、本日TOPIXが高値から20%下落となり、めでたくベアマーケット入りとなりました。

ラッセル2000もベアマーケット入りということで、統計的にはS&P500は大方の確率でベアマーケット入りするようです。

ここ30年では、ラッセル2000がベアマーケット入りした場合、S&P500は100%の確率で同じく20%以上株価が下落するということでした。

 

ここまで行くと、上げても上値が重くて落とされるということで、回復までかなり長い時間かかるのではないかと思われます。

出来るだけ現金比率を高めておき、ドルコスト平均法でコツコツ買うのが良いかなと考えています。

 

一旦は反発しても良いように思いますが、長期的な上げトレンドは終わったのかもしれません。

大きく負けましたので、しばらく相場は様子見となります。

ワンタップバイでのアメリカ株の購入は継続的に実施していく予定です!

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村