理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。最近、シンプルライフを実践し始めました。

FOMC博打をどうするか、今後のシナリオの見通しを保守的にする必要あり?

茶金です、こんばんは。

 

今日の夜中まで株を持っている、それはFOMC博打をするということです。

特に個別銘柄ではなく、指数全般をお持ちの方は、FOMC後のボラに恐怖しながら本日は就寝することでしょう。

 

私自身、FOMCで悪材料出し切りで上がるんじゃないかと思っていました。

ただ、Twitterをみると、私のように考えている人も多く、上げ要因が無いので、FOMCに縋っているだけなんじゃないかとも思い始めました。

 

結局、丁半博打なので、どちらになるかわかりませんし。

センチメンタルはすこぶる悪いので、結果的に下に行くんじゃないかと思うこともあります。

 

CFDについては、140万ほど含み損となっていましたが、半分は損失確定しました。

残り半分をこのまま持ち越すか、損切りするかで現在悩み中です。

 

 

 

■買い

日経平均株価CFD:21800(5枚)

ダウCFD:24550(5枚)

ラクオリア創薬:330万

ユビコム:130万

 

最近、良いTwitterが流れてるんですよね。

 

 

有名な投資家でさえ、今後は怪しいと投資を手控えている中、個人投資家で焦る必要のない自分が、一山当てようとしている。

何か無謀な気もしてきます。

 

霧が出て先に進めない状態で、こちらが正解だと誰が言えるのか。

そのような状態で私自身先を目指し、利益を増やそうとしている。

簡単に儲けられる時期もあるので、それを待てば良いじゃないと言われると確かにそうだなーと考えさせられます。

 

結局、今年の先物の利益が200万程度でしたが、そのうち損失が現状140万ということで、200万を元手に大きな博打をしようとしちゃったのかもなぁと、思い返せばそんな気もします。

コツコツ勝って、ドカンと負ける。

今はそのような状態かもしれません。

 

私の強気の根拠は、イールドカーブが逆イールド化したとしても、逆イールドが解消され、戻る迄は強気で良いという、ここ数十年の繰り返しがまた起こると考えていたのですが、有名な投資家がそうではないと警鐘を鳴らしているということで、暗闇での漁は控えた方が良いのかもなぁと思い返しています。

www.financialpointer.com

特に、景気後退に関わらず財政赤字により金利は上昇するという点も少し気になります。

この場合、景気が悪化するので株も下がるけど、金利が上昇するので、債券も下落するということで、何を買えば良いかわからない状態ですね。

 

なので、現金最高ということみたいですね。

それか、金でしょうか?

 

皆が失望した時が景気の底と言いますが、ガンドラック氏のこの記事が本当に正しいかは考えていかなければなりません。

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村