理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。最近、シンプルライフを実践し始めました。

日経平均株価もそろそろ反転の兆しが?

茶金です、こんばんは。

 

昨日の夜中、先物では21000を割り、ここ最近の安値を割るかと思いきや反転して朝を迎えました。

しかし、簡単には上がるわけもなく、寄りから下落、ただ、ドル円が堅調だったので、リスクオフ感は強まっておらず、昨日夜中の下げにビビって朝売りが出たものと想定します。

 

 

 

新興銘柄は相変わらず弱く、損切りラッシュが続いているのかもしれません。

本日も買っていた新興銘柄は残念無念状態でした。

 

■買い

日経平均株価CFD:21700(4枚)

日経平均株価CFD:21100(+4枚)

ダウCFD:24800(2枚)

ラクオリア創薬:110万

ユビコム:130万

RPA:70万

KYCOM:50万

 

本日は、KYCOMが+12%のあと、-14%でend

こんなことがあるんだなーと眺めていました。

 

本日は、PER的に良い位置であったので、日経平均株価のCFDを買い増ししました。

平均取得単価はある程度下げられたかなという感じです。

今現在は戻していますが、再度下げた場合は買い増ししようと考えています。

 

個人的には前から記載しているように、次が最後の上げと思っているので、握力高く持っている必要があると思っています。

 

最近、下記の本を読んでます。 

市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学

市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学

 

 

Amazonの評判ではなかなかに分かれているのですが、2011年出版の投資で一番大切な20の教え』を書いた人が著者です。

ハワード・マークスをご存知でしょうか?

オークツリーの創業者で、投資家としても有名な方と思います。

 

  • 市場サイクルの中で、今景気のどこにあるのかを知ることが重要
  • 相場では、まずは一握りの気づいた人が買い、上昇に伴い多くの人が買い、最後に愚か者が飛びついて上昇することで、最後に買う人がいなくなり下落する
  • 相場が上げている時は悲観的なコメントをするアナリストを参考にし、相場が下げている時は楽観的なコメントをするアナリストを参考にする

 

など、なかなか面白いことが書いてあります。

ベテランの方からすると一般的な内容なのですが、改めてサイクルの重要性を思い出させてくれる一冊でした。

 

勝てる技術を探している人にとってはつまらない一冊かもしれませんが、相場の極意とも思える本なので、読んでおいて損はないと思います。

 

そして、今の相場はと思うところですが、企業業績も悪くなく、利上げの最中であるにも関わらず、多くが悲観的であり、株価は下落しており、閑散しつつある。

これは、買いでも良いと思うんですよね。

 

そして、オークツリーのような組織でも、天井や底はわからないということで、バリエーション的に暴落水準であれば、コツコツ買いを出動させるということで、下落したら淡々と分けて買うということで、個人投資家と変わらないなーと思いました。

 

ブログを書いている間に、着々と日経平均株価が戻していますね。

このまま、新たな高値に向けた出発なのか、見ていきたいと思っています。

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村