理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

そろそろ世界景気後退を見越した投資をした方が良いかも?

茶金です、こんにちは。

 

正直、景気も大分良いところまで来ていると思っており、将来どういう動きになるんだろうと考えていました。

 

  • 中国とアメリカの貿易戦争から直接的な戦争へ発展
  • 世界景気の悪化に伴い、アメリカも巻き添え(震源地はアメリカの利上げですが)
  • 為替条項要求に伴う円高
  • アメリカ政府の赤字拡大によるトリプル安(ドル安・米国債安・株安リスク)
  • 日銀のゼロ金利政策終了
  • 中間選挙でトランプ陣営敗退

 

色々とリスクはあるなーと思うわけです。

 

今後は、円高になるかも?

アメリカに投資をするということは、為替リスクが付きまとうわけで、将来円高になるのか円安になるのかで色々と変わる気がしています。

 

■円高要因

日銀が出口戦略をすれば、日本の金利が上がるため円高。

世界景気が後退すれば、お金の動きが巻き戻るため、債権国である日本は円高。

為替条項にて円安政策を封じられれば円高。

中国と戦争をし始め、アメリカ国債を売られたら円高。

 

■円安要因

日本がハイパーインフレを起こせば円安なのですが、インフレの兆候はまだ見えていません。。。

 

あれ、円高になるんじゃない?っていう気がしてきます。

 

一方で、世界景気は継続して伸びていき、アメリカの金利も上がっていけば、円安は継続するように思います。

 

世界景気の伸びについて、IMFは伸びは鈍化すると結果を出していますが、その場合伸びてはいるわけで、株価はどうなるんでしょうかね!

 

 

 

世界の株価の見通し

正直、最近よくわからなくなってます。

新興国やヨーロッパのチャートを見ると、もう終わってるわけですよ。

f:id:chachakin:20181014162239p:plain

上記は、ドイツのDAXですけど、トレンドラインを割り、12000の支持線を割ってます。

 

f:id:chachakin:20181014162547p:plain

こちらはイギリスとFTSEですが、ブレグジット後のトレンドラインは割り、7000の支持線の上にいます。

 

まだ強いのは、日本とアメリカだけです。

f:id:chachakin:20181014162739p:plain

日本は、まだトレンドラインを割っていません。

 

ただ、世界が終わり始めてる中、日本やアメリカだけ強いなんてことがあるのか。。。

新興国なんて、この状態です。

f:id:chachakin:20181014162943p:plain

 

124兆円吹っ飛んでるー!!

ということで、大きく下落基調です。

 

私の株が崩れる順の理解では、

①新興国株が終わる

②日本のマザーズも終わり始める

③日本の東証2部が終わり始める

④ラッセル2000が終わり始める

⑤日本の東証1部が終わり始める

⑥アメリカの、S&Pやダウが終わり始める

 

ということで、糞株ほど早く終わる傾向にあると理解してます。

①と②は、年初来がピークで、その後復活の兆しなし。

今回のケースを見ると③は高値を更新できず、④は高値を更新したが今回下落を始めたという感じでしょうか。

 

ということで、そろそろ⑤とか⑥がくるんじゃないかとソワソワしてます。

⑤や⑥になる前に、他が復活してくれば良いのですが、その兆しも見えないですしね。

やはり、チキンレースですね!

 

そろそろ個人投資家の強みを活かすとき?

個人投資家の強みは、株式相場で稼がなくても生活できることにあるので、少し相場の様子を見ても良いかなと思いました。

休むも相場ですね。

 

それか、2017年と2018年という相場で、株式相場からある程度稼がせてもらったので、それを元手にインデックス積み立て投資マンになっても良いかなとは思ってます。

 

相場から完全に撤退してしまうと、相場が結果良かった場合に取りこぼすので、半分は投資、半分はキャッシュというのもありかもしれません。

 

ディフェンシブ銘柄を買うでも良いように思いますが、

私自身、買ってみてわかったのですが、ディフェンシブ銘柄は性に合わないので、売って日本円に戻してしまおうかなと思ってます。

やるなら、利回りにメリハリのあるグロース株投資ですね!

 

それでは、良い週末を!

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村