理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

自民党総裁選の行方は大方見えたので、後は日銀だけ

茶金です、こんばんは。

 

だらだらと昼寝したりと、ゆっくりなひと時を送ってしまいました。

気付いたらこの時間、少し反省です。

 

ずっと気にしてきた自民党総裁選ですが、結局、安倍さんで確定しそうです。

 

森友学園問題で次の総理は誰になるかとずっと言われていましたが、候補者がロクにそろいませんでした。

 

元々有力候補だった岸田さんは、今回は勝てないことを悟り、早々に撤退。

安倍さんの指示を表明しています。

 

もっと早く表明していれば安倍さんの評価も上がったのに、今さら表明されてもありがたみが少ないですね。

 

f:id:chachakin:20180729163641p:plain

【自民党総裁選】石破茂氏、参院竹下派加勢で息吹き返す 竹下派は動揺- 産経ニュース

 

結果的に、候補者は野田聖子総務相、石破元幹事長、安倍総理となります。

 

野田さんは候補を表明したのち、すぐさまGACKTコイン問題を出されつぶされました。

石破さんは悪評は無さそうですが、党員からの人気は無さそうですね。

 

 

 

上記のように、二階派と岸田派、盟友の麻生派と安倍さん所属の細田派が安倍さん推しなので、次の総裁選も確実といえそうです。

 

石破さんは、記念に出るだけ出て、存在感だけアピールという感じでしょうか。

 

おそらくこの選挙後は、ポスト安倍を次はだれが担うかの戦いになるかと思います。

よって、総理は蚊帳の外で次の総理大臣候補の争いとなりそうです。

 

小泉進次郎さんとは、すごく良さそうな気がするのですが、まだ若いということもあり、10年後とかでしょうね。

そうすると、その間を埋める必要があるわけで、安倍総理が在任の間に優秀な総理候補が育ってほしいものです。

 

麻生派だと河野さん、細田派だと世耕さん、竹下派だと茂木さん、岸田派の岸田さん、石破派の石破さん、このあたりの戦いでしょうか。

さすがに、二階さんはなるような年齢でもないですし、二階派の後継者は気になります。

誰が出てくるか楽しみですね。

 

上記より、安倍さん安泰となりつつあるので、後は日銀の動きだけです。

緩和縮小の流れになった場合、株価に影響が出たりもしますので、非常に気になりますね。

 

日銀の政策については、7月30日、31日に政策修正に動くのではないかといわれており、特に銀行に対するフォロー的な修正という見方もあります。

事前に情報をリークしておいて、市場の反応を見つつ出そうとしているように見えますので、今回は修正してくるのではないかと考えます。

 

明日の政策次第で今後の日経平均の動きも変わってきますので、注意が必要です。

ただ、アベノミクスは継続するようで、本当に良かったです!

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村