理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

やはりダウの上値は重い、ダウは天井を付けたのか?

茶金です、こんにちは。

 

ダウが調整に入ったという説が濃厚になってきました。

 

f:id:chachakin:20180630110238p:plain

 

上記を見ると、25日~29日まですべて200日線を下回って推移しています。

 

何度も上昇をチャレンジしていますが、いずれも売られて終わっています。

27日のブログで以下のように書きましたが、やはり売りたい人が多いようです。

やはり、ダウの200日線割れという事実が、上げを限定的にしています。

もし、ここでダウが200日線を超えて引けたとしても、上げてたらとりあえず売ろうと思う人が増え、結果的に再度200日線を割るという動きになるように思います。

 

しばらく200日線の下でついていき、その後あるタイミングでドスンと下げるといったこともあり得るので注意が必要です。

 

私は昨日24400ドル付近でダウの空売りを現物分入れておきました。

例年8月9月は軟調になるため、少し早いですが、ヘッジ売りとなります。

 

 

 

ダウは空売りのタイミングとしては良い時期?

 

f:id:chachakin:20180630110806j:plain

 

上記は、オニールの空売り練習帖 の中に出てくる空売りの例ですが、今のダウの形も少し似ていておもしろいなと思います。

 

f:id:chachakin:20180630111800p:plain

 

こうみると、ネックラインは23500でしょうか。

ただ誰が見ても、23500を割るとまずいことはわかります。

 

昨日、広瀬さんの下記の記事を読んでいたのですが、景気指数が良い時に、株価は将来を織り込んで下落する。

 

天井圏ではこんなことがあり、それに対し株価はこうなるというものでしたが、非常に興味深い内容でした。

 

正直、天井なんてものは誰にもわからず、2016年付近でもダウは天井を付けたと言われていました。

ただ、結局は天井ではなく、更に上昇しているという状況です。

 

ここでの広瀬さんの記載内容で重要だと思ったところですが、相場の天井はファンダメンタルでは気づくことはできないということです。

 

相場の天井時期は、業績やら指数やらが絶好調なので、ファンダメンタル的には下げる理由はないようですが、なぜか下げるという状況ということで、少し今とも似ているなとも思ったりします。

 

では、何で気づけるかですが、それはテクニカルで気づけるようです。

過去のセミナーでお話いただいた内容ですが、上昇トレンドのトレンドラインを下回ると、売ろうと思う人が少しずつ増え、結果的にその波が株価を押し下げるとのことでした。

 

今回であれば、200日線を割ったし1度売るかという人が増えると、200日線を超えたあたりでラッキーと売るわけです。

そうすると、200日線より上は重くなり、再度200日線を下回ります。

 

その後、200日線を上回っていたのに、徐々に押されて上回らなくなってくると、あれこれはまずいんじゃないの?となって大きな下落になるということですね。

 

そうすると、今度は株価が下落するので、アメリカ国民の資産が減り、消費が鈍り、経済が循環せずに、景気が悪くなっていくということです。

 

正直、景気が先か、株価が先かの鶏か卵かみたいな内容ですが、株価の下落が景気を押し下げることもあるようです。

 

ここ最近、そろそろ天井でもおかしくないよというシグナルがアメリカでいくつも出ているので、気にしています。

 

  • 失業率の低さ
  • 貯蓄率の低さ
  • イールドカーブのフラット化
  • 四半期決算毎の前年比増益率のピーク

 

正直、このあたりはバフェット太郎さんのブログに色々と書いてあるので、私は書きません。

 

ただ、そろそろ警戒してもいいんじゃない?という時期に迫ってきているということです。

 

もちろん、景気のピークなんてものはわかりませんので、今後200日線を再度超えてドンドン上昇することもあり得るかと思いますが、2017年の上げの期間も長かっただけに、少し休みたいという気持ちもよくわかります。

 

今年の安値は23500ドルとして今後はヨコヨコで相場がエネルギーを貯めに行くのか、それとも景気のピークから下落に転じるかはわかりませんが、今年1年は休息の年なんだろうなと感じはじめています。

 

それでは良い週末を。

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村