理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

今後はアベノミクス相場が終わった可能性も考慮した取引をする必要あり

茶金です、こんばんは。

 

本日、MSQが近く、魔の水曜日と呼ばれている日にも関わらず、22500の節目を超えてきました。

私個人としては、22500付近で多少仕込みをしていたので、上げてくれると助かる状態となっています。

 

f:id:chachakin:20180606190934p:plain

 

現状、新しいトレンドラインが引けるようになっていますが、このラインを抜けられればそこそこ強いことを示唆しているように思います。

また、この次のラインに23000円があるため、23000円の節目が抜けられるかが重要です。

 

23000円で折り返した相場も、25日線はあっさりと抜けましたが、75日線で折り返すということで、今回は200日線までいきませんでした。

 

元々、あまり下げる材料が無いので、行ったとしても22000円~21500円じゃないかと記載していましたが、良い読みだったと思っています。

 

私自身は、ほぼほぼ22000円付近で待ち構えていたのですが、残念ながら指値にひっかかりませんでした。

結局、下がらなかったため、22400付近から打診買いで買っていました。

 

一方、ここ最近顕著に下がっているのがマザーズです。

f:id:chachakin:20180606191356p:plain

 

終値という観点では、本日年初来安値を割りました。

 

大きな相場が終わる時は、どこから順にお金が抜けるかというと、ボラが高く、どうでもよいところから抜けていきます。

よって、日本であればマザーズですし、世界でいえば新興国の市場から抜けていきます。

 

よって、マザーズが200日線を下回り、下落をし始めたというところで、下落を警戒しておくのは良いことと考えます。

 

一方、大型株に対し、影響が出てくるのは少し先の話となりますので、ここから半年~1年後までを気にしておけばよい気がします。

その間に、マザーズが戻してくれば気のせいだったということになりますので、しばらくは小型を触るのは危険かもしれません。

 

2008年のリーマンショック前も、先に小型株が調整を開始し、1年後に大型が調整し始めました。

今回も同じようなことにならないか警戒が必要です。

 

個人的に、最後まで頑張るのはアメリカ株だと思っていますので、現在はアメリカ株を中心に買っています。

ダウのCFDがメインです。

 

その次が、アメリカの影響を受けづらいFTSEを買っています。

そして、少しだけ日経平均となります。

 

最近、上げすぎた株に対し、少し空売りを入れ始めています。

レオパレスやスルガ銀行といった世の中のクソ株も空売ってます。

CFDの買いに対するヘッジ的な役割と思っています。

 

 

 

ダウはどうなのか? 

f:id:chachakin:20180606192304p:plain

 

ダウはトレンドラインを抜けてから堅調なので、まだしばらくは問題なさそうと思ってます。

まずは、25000を奪還してもらいたいものです。

 

NASも好調ですし、ハイテクの代名詞、FANG指数も2月より前の高値を超え、新高値となっています。

アメリカの金利が上昇し始めているので、世界のお金がアメリカに戻っていっていると考えるとスッキリするかもしれません。

 

VIX指数も低いですし、ゴールド価格も高くなっていません。

よって、リスクオフではないのです。

 

ただ、アメリカへのお金の巻き戻しの動きがより進んでいくと、新興国ショックや通貨危機といったことが起きたり、新興国の景気が悪くなったり、と世界景気が後退していくのです。

 

表題は脅しすぎじゃないかというコメントもあるかもしれませんが、注意するに越したことはありません。

世界の相場に対し、少しずつ出ている黄色信号を注意深くチェックしていきたいと思っています。

※この変調が一時的であればよいですが、、、

 

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村