理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

ニッセイの営業を受けてきたが、基本的には保険は必要ないと再認識することが出来た

茶金です、こんばんは。

 

健康の大事さについて記事を書きましたが、それ以降コツコツと走ってます。

  

www.chachakin.com 

ずっと運動不足で、駅に着いたらベンチに座り、その後各停で座って通勤するくらいの徹底っぷりでしたが、最近は筋肉も付いてきたのか立つことに苦痛を感じなくなってきたので、立ちも気にならなくなってきました。

 

少し健康を意識し始めていたところに、ニッセイの担当者が変わり、昨日の業務後に営業を受けてきました。

 

 

 

保険の営業はモチベーションだけ高く、非常に勉強不足!

当初担当者が変わったことでの、契約確認という名目でしたが、結局営業活動もあり、一時間くらい話を聞いていました。

 

私自身、本当に良いと思う保険があったならば、入ろうと思っていましたが、やはり聞いたところ相変わらずのガッカリっぷりでした。

 

営業さん:生活習慣病に対する保険ができました!

 

営業ということで、生活習慣病のリスクについて語ってくれます。

もちろん、誰しもがそういう病気にかかるリスクを抱えてる一方でそうならないようにしている自分もいるので、健康に投資するのか、保険でカバーするのかとなると、ならないように日々気を使って生きて行くほうがよっぽど前向きだと思います。

 

そもそも、生活習慣病という名がついているように、生活習慣を改めないとそうなりやすいという病気なので、改めればいいじゃん!となるわけです。

 

よって、この保険に入って将来の生活習慣病に備えるくらいなら、もっと運動して、生活習慣を改めるべきです。

ジムに入って走る方がよっぽど有意義でしょう。

 

  • 糖尿病
  • 肝硬変
  • 慢性膀炎
  • 慢性腎不全
  • 高血圧
  • 動脈疾患
  • 臓器移植

 

営業さん:これらになるたびに、それぞれ1回一時金が受け取れます!

 

いやいや、これに複数なるケースってどんだけあるの!って思いました。

 

 あるとしたら糖尿病ですね。

糖尿病は昔と比較しなる人が非常に増えている病気です。

 

昔の日本人はあまりかからなかったそうですが、食の欧米化によりなるケースが非常に増えているようです。

原因は、内臓脂肪です。

 

内臓脂肪が増えると、インスリンに鈍感になり、糖尿病になりやすくなるというものです。

よって、糖尿病対策として、内臓脂肪を減らすことが重要です。

 

かかった後のことを考えるのではなく、かからないようにすることが重要であり、なぜかかった時のためにお金を先に払い始めるのか理解できません。

 

私は将来デブになる予定なので、保険に入っておきます、なんていう人はいるのでしょうか。。

 

投資をする人にとって、保険は大敵です。

自身が運用することで年利何%も得られるのに、保険屋にお金を拘束されるのです。

何という罰ゲーム!

 

保険は必要最低限が基本です。

投資家として、どうしても入ることで得られるメリットが大きい保険があれば、入っても良いでしょうが、そこはしっかり、その病気になる確率を自分の中で考え、利回りと相談して入ってください。

 

皆さんも、保険に入る場合は投資との費用対効果を考えて入ってください。

大体の保険が入る意味のないものと気付くはずです。

 

保険の営業をしている方は、大体が自分たちより無知な人が多いですから騙されないように。

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村