理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

くりっく株365でFTSEの積み立て開始、ディフェンシブ銘柄購入用に現金比率高め

茶金です、こんばんは。

 

久しぶりに現金比率が大分大きくなりました。

普段は、信用も使ったうえで、150万ほどしか現金余力はないのですが、現在は信用取引無しで500万ほど現金がある状態となっています。

 

将来に悲観しているわけではありませんが、中長期的な投資比率を高めていきたいと考えたからです。

 

アベノミクスが始まって以来、慌ただしくトレードし続け、資産を増やしてきましたが、景気の相場は一回り10年といわれており、リスクの高い投資を続けていくと、いずれ資産を失う懸念が出ると感じてきているからです。

 

リーマンショックで底値から今年で10年という期間となり、今まで大体10年程度で調整してきているので、警戒し始めても良い時期になってきています。

 

2000年付近では、ドットコムバブル。

その後、2008年のリーマンショック。

 

そこから10年、アメリカは経済成長し続けてきました。

トランプ大統領となり、更なる景気刺激策が打たれ、一段と株価が上昇する土台はそろっています。

 

アメリカも、今年の第一四半期は30%程度と企業業績の伸び率もピークに近づいています。

おそらく、第一四半期が伸び率としてはピークになるため、今後は業績が伸びつつもバリエーション(PER)が意識されることになるかと思います。

 

そうすると、ダウとしては上値は重くなるかと思います。

また、金利も上昇してくるため、株価としてはつらい時期がやってくるはずです。

イールドカーブも徐々にフラットに近づいてきているので、景気後退が意識されてきつつあるというのもあります。

 

これらの理由より、今年、または、来年が株価のピークとなる可能性も多分にあります。

色々なサイトを見ると2020~2021年ごろがピークとありますが、バリエーションを意識する株は、業績が急激に伸びているときはPERの上昇が許容されるため1番上昇し、伸び率が落ちてくると停滞、または、下落してくるというものです。

 

下げトレンドになると、3年ほどはそのトレンドが続くため、厳しい戦いが始まります。

その準備を、そろそろ始めても良いかなと思っています。

 

 

 

長期投資の積み立てはくりっく株365のFTSEがおすすめ

www.chachakin.com

 

再掲となってしまいますが、上記で記載したFTSEの長期積み立て投資を開始しました。

 

色々調べてみると、イギリスが思ったより景気がいいんですよね。

FTSEも実はここ最近過去最高値を超えてきました。

 

f:id:chachakin:20180602002456p:plain

 <FTSE100指数 チャート >

 

利回りも含めると、相当投資吟味があるんじゃないかと思ってます。

イギリスの景気の強さについては、また調べて記事にする予定です。

 

一応、短期目線でダウも買ってます。

日経平均はボラが大きいので、買うのはやめてます。

 

ディフェンシブ銘柄も購入予定

ディフェンシブ銘柄も購入を開始しました。

ただ、景気の伸びにはまだ悲観的になっていませんので、グロース銘柄の代表格であるハイテク株も買いました。

 

ディフェンシブ銘柄は下記を買いました。

  • エクソンモービル
  • コカ・コーラ
  • P&G
  • マクドナルド

 

ハイテク銘柄は下記を買いました。

  • フェイスブック
  • Amazon
  • アップル
  • アルファベット(google)
  • Twitter

 

上記について、80万ほど分散して購入しました。

今後、定期的に購入していく予定です。

 

おそらく、次は9月、その後11月といったイメージで居ます。

まだ確定ではありませんが、その辺で下落があるかもなと少しイメージしているからです。

 

このあたりも書く機会があれば記載したいと思います。

 

 それでは、良い週末を。

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

?