理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

ラクオリア創薬への投資、半分諦めましたが、新興株への投資は続けていきます!

茶金です、こんばんは。

 

f:id:chachakin:20180530201502p:plain

ラクオリア創薬、あまりにも上がる気配が無いため、半分損切りし、リミックスポイントに再投資しました。

 

ラクオリア創薬自体は、170万ほど利益が出ていましたが、結局トントン、下手するとマイナスで終わりそうです。

 

ただ、100万は未だ継続して投資を続けます。

将来に期待が持てるという考えは変わりません。

 

ただ、投資金額が資産配分的に多すぎたという点が反省ポイントとなります。

 

ラクオリア神様、本当に反省しました、もう下落は許してください!!

というセリフを吐いても良いですが、自己責任ですし、こういう経験を次に活かしたいと思います。

 

 

 

新興株への投資はやらない方が良いのか?

元々利益分だけ投資していれば、結果得た利益を無くすといった失敗はしなかったでしょう。

こういうところが新興株投資の難しいところです。

 

短期的に大きな利益を得られる反面、中期的には大きく損をする。

それが良くてやっている方も多いでしょうし、それで成功している方もいるでしょうが、多くの方はこの方法で資産を減らしているんじゃないかと思っています。

 

私個人としては、資産が少ない状態でボーナスを新興株のボラティリティの高い株に投資し、倍プッシュするのに用いるのはありだと思ってます。

 

年間のボーナスが100万だったとしても、新興株投資で損をする額はそのうちの半分程度です。

よって、損をする場合は50万程度です。

 

逆に得をする場合は、2倍~3倍になるため100万~200万程度の利益となります。

 

そう考えると、期待値自体は高いと思います。

 

1年に何度か、バイオ銘柄でこういう銘柄は出てきますし、その他の銘柄でも大きく伸ばす銘柄は多いです。

 

マザーズ銘柄の黒字化は本当にインパクトが強く、黒字化という名目だけで株価は天井知らずで上昇します。

これに乗れれば、短期的に大きな利益となるのです。

 

私は、これに乗るべきだと思っています。

確かに、年間100万円をコンスタントに積み続ければ、年利8%、かつ、7年~8年で1000万円になります。

 

ただ、毎年100万を貯め続ける必要があり、10年も節約するのは大変苦痛です。

 

最初の2回程度は半分になるかもしれませんが、よほどの無理をしない限りゼロになることはありません。

1年目:100万⇒50万

2年目:100万+50万⇒75万

 

上記のようになったとしても、損失額は75万にすぎません。

そして、3年目にして成功すれば(2倍に出来れば)、下記のように350万となるわけです。

3年目:100万+75万⇒350万

 

そうすれば、3年目にして取り返すことが出来ますし、複利運用している金額とあまり変わりません。

 

3年も、増えたり減らしたりしていれば、それだけ相場観や知識が磨かれ、テクニックだって身についています。

 

血反吐を吐くような思いをした結果、相場の勉強代は無料です。

何も考えずに長期投資をしていた人とは一味違う状態になれるわけです。

 

もちろん、多くの時間を消費することになりますが、それが血肉となり、投資を自己判断でできるようになるのです。

 

正直、失敗しないで相場で儲けようとしている人がいれば、そんなことはあり得ないと言いたいです。

人は失敗して成長するものです。

失敗しないで利益を上げている人も、いずれ想定外のことが起き、資産を減らすことでしょう。

 

もし、生涯失敗しないで終えた場合は、天才的な才能の持ち主か、その人の持っているサイコロが、奇跡的に失敗しないを選び続けたということだと思います。

 

よって、いつ損をするか、それだけだと思っています。

損をするなら最初の頃が良いです。

 

資産が大きくなってからでは遅いのです。

資産が少ないうちにたくさん失敗をし、しっかり勉強し、相場と向かい合うことが、将来大きな資産を築く近道だと思っています。

 

自分で考え、自分で投資をすることが重要です。

 私も、最初の3年間で80万ほど損をしましたが、それが血肉となり、今では年に数百万の利益を出すことが出来ています。

 

そして大台の1000万を超えたので、リスクの低いアメリカ株へシフトしつつあります。

資産を全て、新興株に投資すれば減る時はあっという間に減ってしまいますが、アメリカのような安定株に回しつつ、適宜新興株で勝負し続けていこうと考えています。

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

?