理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

日経平均株価は残念なシナリオへ突入か?

茶金です、おはようございます。

 

もしやの可能性があるので、一旦信用取引、くりっく株365は全て清算しました。

 

先週、下記の記事にてシナリオをいくつか想定してみたのですが、あまり良い流れにならないシナリオになった気がします。

日経平均株価・ダウの今後のシナリオを考えてみる - 理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

 

元々想定していたシナリオは①か②で23000をこえてもうしばらく上げると予想していたのですが、23000の上値は重く、トランプ大統領の自動車関税と北朝鮮との米朝首脳会談の先送り中止懸念という材料で22000円台前半まで下落しました。

 

入ってほしくなかったシナリオ③ですね。

1度上値が重いことがわかったので、今度は下値が堅い位置を探しに行くことになるかと思います。

 

アメリカの金利も少し低下し、ドル安となったため、ドル円も軟調となり、日経平均としては上がる要素が薄くなってきました。

 

特に気になるのは、自動車関税です。

これは、トランプ大統領からの先制攻撃で、中国との貿易問題が終わったから、次は日本なということが読み取れます。

 

そうすると、何かしらのアメリカの貿易赤字を減らす譲歩をトランプ大統領にする必要があり、結果的にそれは日本にとっては損することになるようなものなので、株価の重しはしばらく残る可能性が高いです。

 

 

 

次に材料となりそうなのは、北朝鮮問題の解決、7月の第一四半期業績といったところですが、北朝鮮問題が早期に解決するとは思えないので、次の上昇タイミングが7月の可能性もあるなと思っています。

 

テクニカル分析が好きな人のサイトを少し見てまわっていたのですが、エリオット波動信者の人からすると、23000までは戻しの波動で、その後再度下落をし、前回を割るイメージの方もいるようでした。

 

それこそ最悪のシナリオですが、現在見えている材料ではそこまで押す材料もないので、22000~21500くらいが押し目とみて買えば良いかと思います。

 

下記はマネックスの広木さんの記事ですが、イメージ的にはこれはあっているんじゃないかと思います。

column.ifis.co.jp

 個人的には、一旦様子見をしつつ、流れが見えたら再度入るでも良いんじゃないかと感じており、私はそのようにしたいと思います。

 

お願い 下の『株ブログ』のところをクリックしてランキングにお戻りいただけると助かります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村