理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

健康は資本であり、投資すべき対象である。健康の投資対効果についてまとめてみた。

茶金です、こんにちは。

 

会社の研修にて、老人ホームへ行ったことがあります。

老人ホームには二種類ありました。

  1. 健康であり、日々テニスや娯楽を楽しんでいる方々がいらっしゃるところ
  2. 日々の楽しみがテレビくらいで、ほとんどやることが無い老後を過ごされている、また寝たきりの方が多いところ

 

皆さんは将来行くとすればどちらが良いでしょうか?

 

一つ目の老人ホームは、入るのにも非常にお金のかかるところで、企業の経営層やお金持ちの方が老後楽しく過ごしているところでした。

内装もホテルのように綺麗で、お金持ちの方同士ニコニコ会話を楽しんでいました。

 

一方、二つ目の老人ホームは、『特別養護老人ホーム』という、要介護レベルが3以上の方しか入れない老人ホームです。

価格も非常にリーズナブルです。

 

もちろん、将来老人ホームに入らずに人生を終える方も多々いらっしゃるかと思いますが、独身が増えている現状、老人ホームに入る方も多くいらっしゃるかと思います。

 

そんな時に、どの老人ホームに入れるか、すべては財力とその時に健康状態によるのです。

 

健康でお金がたくさんある方は、非常に楽しい老後を老人ホームで送ることができるでしょう。

お金もなく、健康もない方は病院のような特別養護老人ホームで残りの人生を過ごされることでしょう。

 

正直、この光景を見るまでは、格差社会を意識することは無かったと思います。

 

お金が無くても幸せな人生を送っている方も居ますし、お金があっても不幸になる方も居ます。

ただ、老後というタイミングで新たな人生を歩む際に、やはりお金は必要だということです。

 

老後になると自身の労働力をお金に換えることはできません。

もちろん健康であればその限りではありませんが、健康を損なっていた場合、医療費が増え、むしろ出費はかさむ一方です。

 

健康があれば、、、きっと将来そう考え悩む方も多いはずです。

 

 

 

健康投資は企業でも重要視され始めている

実はこの健康に着目した経産省が、『健康経営・健康投資』という名のもとに企業に対し、推進をしています。

 

f:id:chachakin:20180506141719p:plain

(経産省HPより)

 

簡単に言うと、健康に対し企業がお金を払えば、健康保険でかかる費用の削減と組織の生産性が向上され、企業の業績として返ってくるということです。

 

健康に対する企業の投資とは、例えば、『フィットネスの費用の負担や人間ドック、ダイエットの推進』へ投資することです。

 

f:id:chachakin:20180506142622p:plain

(経産省HPより)

 

上記は各企業の例ですが、理療日の抑制、生産性の向上、健康状態の改善等、様々な結果が出ているようです。

ジョンソン&ジョンソンの情報では、1ドルの投資金額に対し、3ドルの投資リターンがあるとも言われています。

 

f:id:chachakin:20180506143025p:plain

(経産省HPより)

 

実際、TOPIXと健康経営で表彰されている会社群で株価のリターンを確認すると、健康経営している企業の方が業績が高くなっていることが言えます。

 

これは、アメリカでも同じことがいえるようです。

S&P500と健康経営で表彰されている会社群の株価のリターンは、健康経営をしっかり実施している会社の株価の伸びの方が高いという結果になっています。

 

この辺の情報は経産省のHPにありますので、興味がある方はご覧になってください。

 

健康投資は個人でも重要視すべきでは?

ここまでは、企業が健康へ投資すると、企業にどんなメリットがあるかを記載しました。

よって、今後健康へ投資する企業は増えていくことでしょう。

 

ただ、これって企業だけに当てはまることなんでしょうか?

個人が健康投資を自身で行った場合、同じように投資対効果が高くなるかもなと思う次第です。

 

例えば、禁酒した場合

 

禁酒のメリット

  • 酒は高カロリーなので痩せる
  • 塩辛いものを食べる機会が減るので、糖尿病予防になる
  • 睡眠が深くなり、体調が良くなる
  • お酒は筋肉の成長を妨げるので、筋トレの効果が上がる
  • 肝臓を含めた内臓が休まるようになるため、体調が良くなる
  • お酒代がかからなくなるので、お金が浮く

 

上記のような直接的な効果以外に、やる気が出たり、体調が良くなったことによる副次的な効果もあるようです。

 

そう、私がなぜこんなブログ記事を書こうかと思ったのかというと、GW中にお酒を飲みすぎ太った結果、お酒を辞めたらどういうメリットがあるんだろうと考え始めたためです。

 

人はメリットがあればやる気を出し、目標に向かうことが出来ます。

そう、私は禁酒により体重を落とし、お金を浮かし、未来へ投資したいと考えています。

 

私の勤めている企業も最近『健康へ投資することの重要性』を理解し始めたようで、ジム代が安くなったり、人間ドックに会社の補助金が出たりと変わってきました。

 

さぁ、ジムに行こう。

皆さんも、ご自身の健康経営始めてみませんか?

 

きっと、投資対効果は高いと思います。

頭がすっきりして、投資の成績も上がるかもしれません。

 

きっと、そんなものです。

それでは、GW最後の休日、良い週末を。

 

お願い 下の『株ブログ』のところをクリックしてランキングにお戻りいただけると助かります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村