理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

森友問題、そろそろ安倍政権の逃げ切りか?

茶金です、こんばんは。

 

f:id:chachakin:20180319200626p:plain

本日も会社を休んでいたので、せっかくなので国会中継を見てみました。

参議院議員の予算委員会なのに予算の話はなく、ずっと森友問題ばかりでしたが、見ている限り何となく安倍さん逃げ切りかなと思うような内容でした。

 

見てる限り、財務省(太田理財局長)は安倍さんの不利にならないようにコメントしていることが感じ取れました。

 

財務省のロジックは、財務省がやったことは改ざんではなく、書き換えである。

嘘を並び立てているわけではなく、不要と考える文章を消しただけというロジックであるため、犯罪ではないということ。

 

ただし、こういう事態になったため、誰かをトカゲの尻尾切りしなければいけないので、それが、佐川前国税庁長官ということなのでしょう。

 

特に、森友文章の中には、昭恵夫人が明確に関係したという文章が、籠池氏のコメント『前に進めてください』のみとなっており、籠池氏が昭恵夫人と一緒に写った写真も同時に状況証拠として出されたりしていますが、それが総理や夫人がこの件で何か関連したという決定的な証拠にはならないため、再度限りなくグレーな形で決着がつきそうです。

 

特に、財務省が政権側を守りに行っていることが大きいと感じます。

財務省としても、麻生財務大臣が辞任した場合、矢面に立つ人がいなくなるため、次は財務省解体の方向へ持っていかれる可能性があるため、断固として麻生財務大臣を守る必要があります。

 

また、過去に大蔵省解体のように同じ轍を踏まないようにしたいという思いも強いことだと思います。

 

もし、ここで財務省が解体され、安倍政権が終わってしまった場合、消費税増税を約束した政権が居なくなってしまうので、2019年の増税までは何としても支えるのではないでしょうか?

 

財務省はここで安倍政権に対し、返し切れない恩を売ることでしょう。

 

ここでキーになってくるのは、佐川前国税庁長官の証人喚問かと思われます。

ここで、佐川前国税庁長官が全ての責任を被れば、安倍さん、麻生さん、財務省逃げ切りで決着がつくように思います。

 

ここで爆弾発言が出た場合、安倍政権が終了し、アベグジットとなり、株価も急落かと思われます。

 

おそらく、佐川前国税庁長官と裏で取引をしていて、そうはならない方向で進めていることと思います。

 

よって、今週中くらいに決着がついて、戻してくるのかなと思っています。

 

日経平均株価について、本日も結構下げるのかなと思ったのですが、売りが枯れているのかあまり下げませんでした。

そう考えると、そろそろ日経平均株価も下げ止まりつつ、反転していくように思います。