理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

日経平均株価を購入、戻り相場を狙う!

茶金です、こんばんは。

 

外部要因が安定してきたため、日経平均株価も大きく下げなくはなってきました。

 

直近のリスク分析

日本

  • 安倍政権の森友問題
  • 日銀の出口観測

 

日本のリスクとしては上記の二つが懸念されていましたが、日銀の出口観測については、黒田さん含め、日銀の総裁、副総裁が火消しに回ったため、結果的に落ち着くこととなりました。

 

一方森友問題については、今一番燃え上がっている案件であり、麻生副総理がどうなるかで相場が変わってくる気がしています。

何となくですが、今回はギリギリ乗り切るも、9月の総裁選で別の総理になる気がしています。

 

9月付近は毎年株価が低いため、再度どこかで天井をつけて下落するようにも思います。

総裁選付近で底になり、新総理大臣の支持率が安定していれば、株価は再度上昇しそうに思いますが、政治の安定がない状態では法案も通らないので、外国人の買いはあまり期待できない気がします。

 

また、新総理大臣の施策を見極め、施策が景気後退するような内容であれば、再度下降トレンドにもなり得るかと思います。

 

北朝鮮

大きくリスクが後退しました。

アメリカと北朝鮮がまさかの首脳会談をするということで、長らく苦労していた北朝鮮問題が解決するとなれば、市場は好感しそうです。

 

ただ、安倍総理を飛び越えて、首脳会談が先に決まったということで、世界的に安倍総理の立ち位置は低下しているように思います。

 

最近、森友問題が過熱しても、株価が下落しないのは、PERの割安圏でこれ以上下がりようがないのか、安倍総理の進退問題はすでに織り込み済みなのか、悩ましい状態です。

 

アメリカ

北朝鮮問題を解決するということで、支持率が上がりそうな気もします。

そして、保護貿易については、今までのトランプ外交のようにうまく体裁が整えられたので、貿易戦争にはならないですみそうかと思っています。

 

よって、リスクも後退ですね。

 

中東

リスクは継続してくすぶっています。

 

日経平均株価を買いと見るか?

私の気にするリスク指標ですが、現在悪くありません。

  • ドル円:下落が落ち着く
  • Gold:価格上昇が落ち着く
  • ダウ:上昇トレンドに戻りつつある
  • VIX指数:15付近でうろうろ

 

f:id:chachakin:20180312232906p:plain

<日経平均株価の日足(マネックス証券より)>

 

上記は日経平均株価のチャートですが、200日線で下落を止めることが出来たように思います。

 

寄りでバイオ銘柄をいくつか買ってみたのですが、寄り天だったので、後場成り売りで損切りしました。

 

どうも、大型銘柄に買いが入っていたようなので、新興株はしばらくお休みかな?と思えるような感じでした。

 

節分天井彼岸底、かつ、下落から開始して一か月程度で大体底になることが多いので、本日の後場にて、成り買いで日経平均株価のレバレッジETFを購入しました。

 

今まではPER15倍を中心に動いてきたアベノミクスですが、政治が不安定なので、今後はその水準まで戻すのはなかなか大変なんじゃないかと思う次第です。

 

来期の業績見通しが強ければ、再度日経平均株価は上昇しそうにも思えますが、まずはそれを織り込みに、4月は上げていくのかなと考えます。

 

9月にはアメリカでも選挙があるので、やはり9月が安いのは間違いない気もします。

よって、その場合はこの買いも、持って数か月となりそうです。

 

シナリオ的には、高値を抜いてくるシナリオと途中で再度下落を開始するシナリオがあり、政治が安定しない限りはやはり高値を抜いてくるイメージが持てない状態です。

 

75日線まで上げればそこで折り返し、再度25日線にタッチし再度折り返し、そこから75日線を何とか抜き、結局は高値を奪還できない状態で再度弱気相場入りというのがイメージに近いかなと思いました。

 

最近、エリオット波動が話題になっていることが多いですが、この見通しにも合いそうです。

直近の下げはA波となっており、21000円を底値にB波が開始。

 

そこから、2か月ほど戻し、再度C波の下落開始。

9月末が底とかだと何となく納得のいく結末になりそうです。

 

底値は17000円という人もいるので注意が必要です。

ただ、企業業績を考えると、21000円が再度9月の下値となり、再上昇といったこともあり得るので、決めつけずに柔軟に取れるところを取っていくというのが良いように思います。

 

今年は、決めつけ、当てた人はものすごく利益が上がりそうな気もしますが、外れると痛い目を見るので、適宜相場観を調整しつつ、相場に向かっていくのが良いように思います。