理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

日経平均上昇要因分析と個別株について(ラクオリアとセルシードが素晴らしい)

茶金です、こんばんは。

 

下記で、リスクが色々とあると記載していたのですが、日本、アメリカでこんなに早く火消しに回るとは思いませんでした。

www.chachakin.com

日本

f:id:chachakin:20180306200432p:plain

 

黒田総裁、若田部副総裁が即座に火消しを行い、追加緩和の手は緩めない、追加緩和を必要ならさらにやるとコメント

市場は非常に好感しましたね。

 

アメリカ

f:id:chachakin:20180306200657p:plain

アメリカもはやかったですね。

 

下院議長が即座に否定的なコメントをし、トランプ大統領もNAFTAの再交渉次第だと、一旦大風呂敷を広げ、その後相手に譲歩させるいつものパフォーマンスということで落ち着けました。

 

本当は一旦暴走が入り、うまく案を練ってまとめたようにも見えますが、市場は落ち着きを取り戻しました。

 

先週に出た非常に大きな問題を即座に火消しした結果、ダウも日経平均株価も好感し、久しぶりに大きく戻しました。

 

そして、更に先ほど

f:id:chachakin:20180306201729p:plain

韓国の大統領府より、4月末まで戦争はやらないアピール。

 

さっそく、日経平均が反応して上げています。

 

これだけ、全体の火消しが早いと相場に置いて行かれそうですね。

ただ、私個人はしばらく個別株だけで良いかなとも思っています。

 

個別株

現在、信用取引のポジションを切って暴落に備えていた自分としては、無駄な損切りになってしまいましたが、現物はフルで使ってますので、上げ基調は非常に助かります。

 

昨日、本日とセルシードが大活躍でした。

3日連続ストップ高ということで、私が三日前に買ったセルシードの含み益がまさかの+76%になっています。

 

本日、さらに追撃買いを入れ、それらも+20%となり、大金星でした。

 

また、現物で大量に持っているラクオリアも+8%と、非常に良い一日でした。

 

セルシードの勢いがありすぎて、このままラクオリアを抜いちゃったらどうしようとドキドキしてます。

時価総額的にあり得そうで怖いですね。

 

それだけ黒字バイオの力は強いということがよくわかりました。

 

最近気づいたのですが、需給をベースに一定方向に動く個別株が得意なようで、日経平均のように上下しながら動く株が苦手なようです。

振り返ると、大きな利益を上げられたのは常に個別株でした。

 

そのため、しばらくは日経平均の大きなトレンドは意識しつつ、個別株メインでやろうかなと思っています。