理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

ワンタップバイでアメリカ株の積み立て投資を始めてみた

f:id:chachakin:20180228184131p:plain

<スマホ証券One Tap BUY>

 

茶金です、こんばんは。

 

アメリカ株についてはマネックス証券でやっていたのですが、積立金額が大きくないと手数料損が多いので、たまにまとめ買いをするという感じで、あまりうまく積み立てられていませんでした。

 

その時の気分で、エクソンモービルをまとめ買いしたり、S&P 500のETFをまとめ買いしたりと、投資にかなりムラが出来てしまいます。

 

このムラを解消したいと考え、ワンタップバイにチャレンジしてみました。

 

 

 

ワンタップバイには自動積立がある

マネックス証券でアメリカ株を買う場合

①入金

②資金を円からドルに変更する

③トレーダーツールで自分で購入する

 

上記の3ステップが必要でした。

かなりめんどくさいです。

 

特に②については、ドルに変わるのに少し時間がかかるのですぐに購入に移れませんでした。

※②については、2018年3月にドルに換えなくても円からアメリカ株を購入できるように変わるそうですが。

 

一方、ワンタップバイでは、みずほ銀行との連携があり、入金手数料108円さえ払えば、①~③を全て自動でやってくれます。

よって、1度自動設定したら、後は銀行口座にお金を入れておくだけです。

 

給料の翌日に自動積立するようにしておけば、お金が足らない心配もありません。

つまり、ほっとけ投資が出来るわけですね。

 

積み立て投資なんていうものは、短期的な値動きにとらわれてはいけないので、ほっとけることは本当に助かります。

 

ワンタップバイの手数料は少額投資をやりたい人にオススメ

ワンタップバイは少額取引での手数料が非常にお得です。

マネックス証券では最低取引手数料が5ドルということで、1000円買っても5ドルかかります。

一方、ワンタップバイでは、0.5%で取引できるため、1000円で50円しかかからないことになります。

 

少額でやりたい人にとって、この差は非常に大きいと考えられます。

 

マネックス証券だと、20万単位で投資をするのであれば、手数料は安いかなという感じです。

ただ、1銘柄必ず20万買わないといけないので、資金が少ない人がやると、特定の銘柄に資金が偏るという非常にムラのある投資になります。

 

自動で配当金の再投資まではできない

ここまで自動化できたら最高だなーと思いましたが、配当金の自動での再配当はできないようです。

配当金が1000円溜まれば手動で買うということのようです。

 

ルール上、再配当はS&P500をとりあえず選ぶとかにしておけば、大きな失敗は無さそうかなと思いました。

 

積み立て投資では何の銘柄を選んだのか?

簡単に積み立てられるし、欲しい銘柄をとりあえず買ってみるスタンスにしました。

ディズニーとかも地味に買ってみたかったんですよね。

 

たまにスマホゲーへ課金してしまうのですが、そこをグッと我慢して同じ金額をこっちに課金できないかなと思った次第です。

株で大きく利益を出すと、ついつい財布のひもが緩み、生産性の無いスマホゲーに使ってしまったりするので、そういうところを改善したいと考えています。

 

毎月買う予定の銘柄は下記です

S&P500:7000円

フェイスブック:1000円

アルファベット:1000円

コカ・コーラ:1000円

アップル:1000円

ウォルトディズニー:1000円

マクドナルド:1000円

Amazon:1000円

P&G:1000円

ボーイング:1000円

エクソンモービル:1000円

ゼネラルエレクトロニクス:1000円

ビザ:1000円

テスラ:1000円

 

基本的にはS&P500をメインに、欲しい銘柄を適当に集め、2万円になるようにしました。

今まで日本株の投資原資にしていたお金をこちらに回せばよいので、何とかなるかなと思っています。

 

GEは悩んだのですが、今の低迷時期から将来的に復活するなら利益は大きくなるかなと思い、買うことにしました。

 

最初の積み立ては3月末からなので、定期的に進捗を確認していきたいと思っています。

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村