理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

日本平均株価は一旦底を付けたのか?

茶金です、こんばんは。

 

アメリカの金利からダウの暴落となり、とばっちりを受けた日経平均株価。

そろそろ底をつけても良い時期と、サイクルの見直しをしてみました。

 

日経平均株価はサイクル的に底値をつけたのか?

f:id:chachakin:20180218175502p:plain

<日経平均株価の週足(マネックス証券より)>

 

上記は日経平均株価の週足ですが、過去に下記の記事で日経平均株価は約40週毎に大きく調整する。

また、最近では約20週毎にも調整があると記載しました。

www.chachakin.com

 

当時は下記のようなことを記載していましたが、まさかこんなに大きな調整になるとは思ってもみませんでした。

1/8からの週が、20週周期では19週、40週周期では39週と調整の波が来てもおかしくはないような周期にきています。

 

ただ、この週に底になるのが今までのことですし、せめて23000~22500くらいまで下げなければ、底チャートにも見えないので、本当に今までの周期通りのことが起きるのかは懐疑的ではあります。

 

 

 

現在では、40週周期では44週目が終わり、20週周期では24週目が終わったということで、先週が底だったと考えてもおかしくなさそうです。

 

可能性として、2週間ほど延伸して、再度2月下旬底というのもあり得るかもしれませんが、日経平均株価のepsが上昇してきているので一旦21000円割れで底を付けたようにも思えます。

 

 そうすると次の底は20週後となりますので、6月末~7月上旬ということになりそうです。

 

ドル円はいつまで円高になるのか?

ドル円の動きは正直読めないでいますが、感覚的にはそろそろ反発しても良いように思えます。

 

f:id:chachakin:20180218180824p:plain

<ドルインデックス(世界の株価より)>

 

ドルインデックス指数について、テクニカル的にはどうか確認してみましたが、価格的にはそろそろ調整が完了してもおかしくなさそうなラインとなっています。

 

ここ数日の日足を見ると89付近で下げ止まっているので、このあたりの価格を下抜けしてくるかが注目ポイントです。

 

日経平均株価が今後高値を抜けるのか、ただの戻しなのかはドル円の動きにかかってくるため、ドル円には円安方向に動いてもらえると嬉しいです。

 

ドル円が100円付近であれば、企業の業績はやはり落ちてくるため、前回の高値は抜けなくなるかもしれませんし、逆に110円をキープしてもらえればさらに利益は伸びることでしょう。

まずは、4月下旬から企業の期初の予想が出るため、そこまでには一旦戻してもらえると株価的には助かるなーと思う次第です。

 

確定申告がやっと終わった(以降はただの雑記です)

FXの利益が98万ほどありましたが、昨年の年初にやっていた先物の損失があったので10万ほど相殺し、雑所得は最終的に88万ほどの利益となりました。

 

私のネット代の大部分は投資のために使われており、為替の動きの情報も良く調べているためインターネット代とケータイの通信費も少し経費として計上しました。

 

今年の為替の動きは、ボラもありなかなか難しいですが、うまく乗り切って利益も出していきたいと思っています。

 

最近は旅行に行ったり美味しいものを食べたりと、株の利益でいい思いをしてしまったので、改めて気を引き締めて市場に向き合いたいと思います。

 

ワンタップバイいいかも?

確定申告とは関係ありませんが、NISAで投資していたXOM(エクソンモービル)が今回の下げと円高で振り出しに戻ってきてしまったので、1度利確しワンタップバイでアメリカ株に広く分散するか検討中です。

 

金利が上がり、景気が強いとインフレに弱いディフェンシブ銘柄は上がりづらいので、あまり期待できないかもなと思った次第です。

 

また、将来的にアメリカの景気が悪くなったとしてもアメリカ株はいずれ復活する(人口統計的に2050年になっても人口増加が続いている)ので、1000円ずつコツコツ積み立てできるワンタップバイは良いなと思った次第です。

(今回の下げで、日本株はあまり戻らずアメリカ株はすでに半値戻しの現状を見て、日本株に少しげんなりしているというのもあります。。。)