理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

ラクオリア創薬の本日のストップ安には納得がいかない!(決算書を確認してみた)

f:id:chachakin:20180214221510p:plain

<ラクオリア創薬の株価(Yahoo掲示板より)> 

 

茶金です、こんばんは。

ラクオリア創薬を昨日のストップ安で購入し、本日ストップ安まで連れていかれました。

 

決算前に何度か利確したり購入したりしているので、平均単価は2530円となっています。大赤字ですね。

 

購入金額は500万円分となっており、ちょうど私の今年稼いだ利益と同じくらいの金額となっていますので、俗に言う恩株というやつなのでしょうか?

 

それにしても、本日のラクオリア創薬の株価の動きには納得できませんでした。

売りたい人が出るわ出るわ。

 

決算報告書を見ると、確度の高い情報しか載せてないとのことなので、新規案件が出ればすべて上方修正材料となります。

 

また、昨年末の費用の完成が次年度ということで、費用計上が1年繰り越され赤字額が増えているように見えていますが、2017年に出した中期計画の数字より赤字幅は縮小されており、黒字化に向けて順調なのがよくわかります。

 

ラクオリアの決算書を読むと何がわかるのか?

 

 

 

f:id:chachakin:20180214222134p:plain

<ラクオリア創薬の決算書より>

 

上記が期ズレした結果、下記のような次年度計画となりました。

 

f:id:chachakin:20180214225402p:plain

<ラクオリア創薬の決算書より>

 

中身を見ていただきたいのですが、

2017年の12月実績については、来期に△330M円付け替えているせいで、実質△480M円の利益となっています。

これは、当初計画と比べると310M円ほど上方修正しています。

 

さらに、2018年度の当初計画では△698M円なので、付け替えられた△330M円を引くと△370M円となり、2017年の当初計画より420M円ほど改善していることがわかります。

 

また、これは2017年の実質△480M円よりも良い値となっています。

 

よって、2018年は新しい案件が何もなくても2017年度より良いことがわかるはずです。

ここに2017年度程度の上方修正(+310M円)があれば、ほぼ黒字化達成のようなものです。

 

よって、2018年に期ズレが無ければ、黒字化できていた可能性が高いラクオリアですが、期ズレという不幸が起きてしまった結果、決算書を読めない人が失望売りをしたということがわかります。

 

結果的に、時価総額は400億円を割り、PBRは7倍程度に落ち着きました。

 

ラクオリア創薬は割高なのか?

f:id:chachakin:20180214224049p:plain

<サンバイオの株価(Yahoo掲示板より)>

 

上記は、バイオ銘柄で有名なサンバイオですが、PBR107倍、時価総額1530億ですよ。

EPSは-87.33

ラクオリア創薬は-33.8となります。

 

なぜ、サンバイオにラクオリア創薬が負けているのか、本当によくわかりません。

 

パイプラインも数多くあるラクオリア創薬ですので、長い目で見れば株価は戻してくるものと思われます。

 

しばらくは我慢するしかなさそうですね。

相場は需給(美人投票)で動きますので。