理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

今の相場は正常なのか?

茶金です、こんにちは。

 

金曜日の日経平均株価のCFDを見てビックリしました。

まさかの、20575まで下げていたのですから。

 

ダウについても、1000ドル下げ、1000ドル戻すという相場でした。

この相場は正常なのでしょうか?

 

f:id:chachakin:20180211143002p:plain

<ダウの週足(マネックス証券より)>

 

ダウの週足を見ると、過去の大きな調整は200週線くらいで終わっています。

その後はろくな調整もなく、上げてきていることがわかります。

 

ダウからすると2年ぶりの大きな調整になるんですね。

たった2週間で終わるのでしょうか。。。

 

このチャートだけ見ても、ダウはまだまだ下値余地があることがわかります。

 

日経平均株価は?

f:id:chachakin:20180211143258p:plain

<日経平均株価の日足(マネックス証券より)>

 

日経平均株価は大体200日線までの調整が多いです。

今回も200日線に近づくと、大きな下髭を引き反発しています。

 

PERも割安、調整値幅も十分。

しかし、夜中のCFDはダウとご一緒し、さらにその値を割ってきました。

やはり、日経平均株価の下値は、あまり重要視されていないことがわかります。

 

f:id:chachakin:20180211143612p:plain

<日経平均株価の週足(マネックス証券より)>

 

週足でトレンドラインを引くと、20500円程度に次の反発ラインがあります。

CFDの安値20575は反発するとしたら妥当なラインだったということでしょう。

 

日経平均株価の今後の展開は?

 

 

 

この相場が常識の範囲内の相場であった場合、値幅的には十分調整しています。

下落開始からの期間はまだ足らないので、あと2週間程度は下値を掘るリスクがあるようにも思います。

 

マネックス証券の広木さんのコメントでは、『節分天井、彼岸底』じゃないかとありましたが、それくらい様子を見つつ買い下がれるくらいが安心なようにも思います。

 

過去に下記の記事で書いた日経平均株価の40週周期の観点では、そろそろ底値に近い感じではあります。

www.chachakin.com

アベノミクス開始以降では、最大でも44週間が底となっていたので、もう十分底の期間にきています。

 

この相場が常識の範囲外のものであった場合、PERはあまり関係ありません。

VIX指数のインバース型で大きく損をした人がいる、損失補填のために利益があるものは利益があるうちに売りたい。

相場が下がるから利益のあるものは売りたい。

そういう負の連鎖が続いた場合、相場は雪崩のように崩れるでしょう。

 

日経平均株価が上げるためには、まずはダウの調整が終わることが重要です。

金曜日のダウのチャートを見ると、セルクラに近いチャートとなっていますが、ダウは2週間しか下落していないので、ここで終わるかは疑問です。

 

日経平均株価は十分調整を完了しているので、足を引っ張らないでいただきたいのですが、ダウが世界の株価を支えているので、こればかりは難しい注文ですね。

 

どちらにしても、週明けの13日までは何もできないので、何事もなく週が明けることを祈るのみです。

 

今は現金比率を高めて2週間程度様子を見るか、少しずつ買いを入れてみるか、そういう時期かと思います。

『頭と尻尾はくれてやれ』

無理をしなくても、容易に利益が確保できる相場になるのを待つのも個人投資家として取れる手段かと思います。

 

それでは、良い週末を。