理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

日経平均株価のepsが急上昇中!

f:id:chachakin:20180208213937p:plain

日経平均PER PBR 日経平均株価適正水準

 

茶金です、こんばんは。

 

日経平均株価のEPSを確認された方はいるでしょうか?

まさかのeps:1621.55ですよ。

 

PER13倍:21080

PER13.5倍:21890←今ここ

PER14倍:22701

PER15倍:24323

PER16倍:25944

 

今日の日経平均株価は21890円で終わったのですが、まさかのPER13.5倍という超割安でした。

 

アベノミクスの割安度最高水準をここ最近キープし続けています。

アベノミクス開始以降、リスクオフ時はPER14倍、通常時はPER15倍、リスクオン時はPER16倍で推移していました。

 

現在は、PER13.5倍。よって、超買い時という結論になります。

 

本来であれば全力で買い向かいたいのですが、明日が過ぎれば3連休。

そして、2月9日の夜はデリバティブ取引停止。

 

f:id:chachakin:20180208214830p:plain

2月9日(金)のデリバティブ市場の夜間取引停止のお知らせ | 最新情報 | マネックス証券

 

買い向かいたいですが、アメリカ市場が大荒れとなった場合、連休明けに絶望することになるので、大きく買い向かうことができません。

 

今後の投資法は?

 

 

 

1度荒れた相場となると、ボラティリティが下がるまでしばらくかかります。

よって、今までと比較し上下に動く相場になるかと思われます。

 

正直、今年の夏には25000円になっていると予想しているのでいつ買っても勝てる状態なのですが、下値がどこまで掘るのか予想できません。

 

特に、日銀総裁がどうなるか、FOMCの方針は?北朝鮮の動向は?アメリカの債務超過はどうなるのか?

 

このあたりの不安要素が落ち着くまではボラティリティ高く推移するかと思われます。

個人的には、3月末までには全て結論がついていると考えるので、全て結論付いてから買うというのも一つかとは思っています。

 

予想できないのであれば安い時にコツコツ買えるドルコスト平均法を使えばいいじゃない!

 

マリーアントワネットの『パンが無ければお菓子を食べればよいじゃない』ではないですが、こういう時こそ使える投資方法かと思います。

 

ドルコスト平均法なんていうものは、予想できない人が損をしないためにコツコツ安いところを買う投資法なので、こういう時こそ使える手段です。

普段、ドルコスト平均法なんてしていたら資金効率悪すぎですしね。

 

ということで、今週から週100万ずつ買っていくことにしました。

現物はラクオリア創薬でほとんど埋まっているので、信用枠をちょっとずつ使っていく予定です。

 

現物余力が有り余っている人は、今は買い時なようにも思います。

もちろん、ダウ次第ではいくらでも下を掘る日経平均株価ですが、今までの中では一番割安なのは間違いありません。

 

今月に5割、来月に5割と買うのもありかと思います。

 

3連休明けの日経平均株価にビビりつつも、現物はしっかり持ち越す予定です。

 

3.11、9.11とか、チャイナショック(人民元切り下げ)の8.11とか、ホント11が付く日は怖いです。

怖いと言いつつ、2.11が母の誕生日で、3.11が父の誕生日なので、我が家的にはめでたい日なんですけどね。

何事もないことを祈るばかりです。

 

 

お願い 下の『株ブログ』のところをクリックしてランキングにお戻りいただけると助かります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

?