理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

資産1000万を超えたことにより、投資手法を変える必要があるのか、悩み中

f:id:chachakin:20180128224405p:plain

茶金です、こんばんは。

 

資産が増えたことで新たな悩みが発生しています。

おそらく、億トレーダーとなっている方が誰しも通る道かと思います。

 

現在の私の投資手法ですが、信用のレバレッジをかなり大胆に使います。

大きくブレイクした銘柄を購入したりもするので、割安でないものも買ったりします。

 

400万くらいの運用時には使えて1500万程度だったので、損をしてもボーナスが消える程度とたかが知れていました。

 

しかし、現在株式口座には900万ほど入っているため、現物に加え、信用取引で同じ運用をすると約4000万のトレードができてしまいます。

 

10%の値動きで400万の上下が起こります。

これは、日常のボーナス程度で補填できる額ではありません。

 

元々、小さいお金を1000万以上にするためには大きな挑戦が近道と考えていたため、今のようなトレードを続けてきました。

しかし、今までと同じようなリスクの取り方が今後はできなくなるため、運用方針を変えなければいけないタイミングに来ていると考えています。

 

ただ、そこの最適解にたどり着いていません。

目標としては億トレーダーですが、リスクの少ない投資に分散しすぎると目標は遠のきますし、リスクの高い投資を行えば、資産を失う可能性が高まります。

 

 

 

取り得る案は?

案はいくつかあります。

 

案①:株の資金を減らし、FX口座で運用する。

つまり、投資先を分散することでリスクを抑えるということです。

FX自体は株と似たような利回りを出すことが出来るので、分散効果が出ます。

 

案②:信用取引はやめ、現物メインで投資を行う

 これをやると、今までほど利益の伸び率は期待できませんが20%程度の利回りであれば可能な気はします。

 

案③:リスク資産を減らし、VTやアメリカ株を増やす

利回りを年に20%は確保したいため、VTのように年利数%の資産に回すと、他の資産でそれ以上を出す必要が出てきます。

そう考えると、VTのような資産へ回しすぎるのも現実的ではありません。

 

しばらくは様子をみつつ運用か

 現在、短期的に好きにポジションを変えることが出来る金額は1200万あり、そのうち300万をFX、株を900万で運用しています。

 残りはNISAであったり、確定拠出型年金であったり。

 

今後の方針として、 100万はFX口座に移し、400万を低レバレッジのループイフダンで回します。

 

 残り800万のうち、NISA枠をまだ使っていなかったので、約100万をNISAに回す予定です。

ただ、欲しい銘柄があるわけではないため、アメリカ株でよさそうな株を探したいと思います。

 

 700万をメインに使いつつ、信用取引は必要に応じて使っていくということになりそうです。

信用取引の使用上限額は前と同じ1500万くらいでしょうか。

 

将来的には日経平均株価は上げると予想しているので、下げたら買いで対応していき、信用取引枠を少しずつ使っていくようなイメージです。

 

 また、割安銘柄への投資や配当金狙いの投資をなるべく重視していくことが資産を守りつつ増やしていけるように思いました。