理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

ラクオリア創薬の株価 テンバガー(10倍株)への軌跡①

f:id:chachakin:20171231121519p:plain

<Yahooファイナンスより掲載>

 

茶金です、こんにちは。

 

最近yahooの株掲示板のアクセスランキング1位を独占し続けている『ラクオリア創薬』について、もしかしたらテンバガーもあり得るかもしれないと思い、せっかくなので記録を兼ねてブログにその軌跡を残したいと思います。

 

現在、株価は2,350円となっています。

 

私がラクオリア創薬を買った理由

 

 

私が買うきっかけとなったIRが出たのは12/15に出た下記のIRがきっかけでした。

f:id:chachakin:20171231121842p:plain

<ラクオリア創薬IRニュースより掲載>

 

このニュースが出た次の日より大相場が始まっています。

f:id:chachakin:20171231124917p:plain

<ラクオリア創薬のチャート(マネックス証券より掲載)>

 

私がこの相場に気づいたのは12/20でした。

そこから三日間買い増しし、4000株まで買いました。

 

当時、時価総額400億円未満。

PBRは8倍程度でした。

 

こちらは11/10にでた第3四半期の決算です。

f:id:chachakin:20171231125836p:plain

 

四半期当たりの売上高が6億円、営業利益マイナス5億円の会社に対し、総額12億ドル超の一時金の一部が入る。

12億超と言えば、1300億円超えですから、如何に異常な数字かがよくわかります。

 

また、大企業としても1000億円という数字は途方もない金額であり、それだけの価値があると認めさせただけでもすごいことです。

 

例えば、このうちの2割でも入れば、260億円となり、(法人税を置いておくと)、PBRは2倍以下になるわけです。

4割はいれば、1倍以下となります。

 

これを見れば買わないわけにはいきませんでした。

1580円~1680円で4000株の買いを入れました。

 

さらに続くIRの追撃

さらに、12/25にIRの追撃が入ります。

 

こちらは、『マルホ株式会社との選択的ナトリウムチャネル遮断薬に関するライセンス契約締結』に伴う上方修正です。

f:id:chachakin:20171231132720p:plain

 

 上記の、修正後の予想が、中期事業計画における2019年度の予想値に近いものでした。

つまり、この時点で計画は1年前倒しされていることがわかります。

 

その結果、26日は1700円付近で寄りが始まり、そこから1900円まで上げますが、利確売りに押され、8%程度のプラス引けで終わりました。

27日、28日も同様に大きく上昇し、プラス引けで終わりました。

 

ただでさえ、12/15の材料が大きかったのに、さらに上方修正と好調さが目立ち、黒字化が意識されたものと思われます。

 

機関の空売り買戻しが上昇相場に大いに貢献されている

現在の出来高自体、上場以来ここまで大きく売り買いされたことはなかったのですが、これは空売り機関の買戻しが要因と思われます。

 

f:id:chachakin:20171231133252p:plain

https://karauri.net/4579/

 

ラクオリアの空売り残数を見てみると、12/22の時点で663万株と、30%近くの株数が空売られています。

 

これが大きな踏み上げ材料ともなっているようです。

 

f:id:chachakin:20171231133525p:plain

https://karauri.net/4579/

 

上記は機関の空売り残高ですが、多くの企業が空売りを損失確定して撤退していっているのが見て取れます。

 

ただ、ドイツ銀行や一部の機関では空売り残高が多すぎて買い戻せず、この上昇相場に踏み上げられ上昇圧力の要因となっています。

彼らが買い戻すまでこの相場は続くと考えられるからです。

 

そしてさらに続く、IRの追撃

さらに、12/28に『CJヘルスケア株式会社(韓国)との胃食道逆流症治療薬tegoprazanのライセンス地域拡大契約締結のお知らせ 』がIRとして出てきます。

 

こちらも将来への収益増が見込まれる案件であり、期待値が上がり、大納会でストップ高となりました。

 

まとめ

ラクオリア創薬の上がった要因と期待要素をピックアップしてみました。

 

下記は現在のラクオリアの状況ですが、多少の期待値を盛り込んだ値となっていることがわかります。

f:id:chachakin:20171231135434p:plain

<Yahooファイナンスより掲載>

 

今後、機関の大量保有報告が出る、または、追撃IRが出ればさらに期待値は高まるものと思われます。

 

一方、1月は好調だった株がある程度利確されやすくなるので、ダウの下落に連動し、日経やマザーズが下げ、そこに連動し下げる、または、短期的に急上昇しているので、多少調整するといったことがある可能性もあります。

 

 ちなみに、私は4000株のうち、2000株を信用取引で購入していたので、信用分は利確しました。

残りの2000株がどのようになるか見守っていきたいと思っています。

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村