理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

調整する日経平均株価を再度見直してみる

茶金です、こんばんは。

 

日経の調整が長引き、思ったように上がりません。

想定が正しいのか再度確認したいと思います。

 

 

 

TOPIXの動きから想定される日経平均の今後は?

f:id:chachakin:20171222212106p:plain

<TOPIXの5年足>

 

上記はTOPIXの5年足チャートですが、16年7月から上昇トレンドを継続していることが見て取れます。

1700を割らない限り長期の上昇トレンドは継続していると見て取れます。

 

また、2015年8月でつけた1700円を高値抜けしていることから、強い上昇トレンドであることが見て取れます。

 

f:id:chachakin:20171222212419p:plain

<TOPIXの1年足>

 

上記はTOPIXの1年足ですが、こちらも、2017年9月の安値からのトレンドラインを引くと、トレンドラインに沿って上昇していることがわかります。

 

また、11月につけた高値を終値で抜けていることから、TOPIXは上昇していることが見て取れます。

 

よって、上昇していないのは日経平均株価だけのようです。

 

東証二部は?

東証二部は日経平均株価、TOPIX の先行指標と言われています。

 

f:id:chachakin:20171222214329p:plain

<東証二部の5年足>

 

上記は、東証二部チャートの5年足ですが、こちらも上昇トレンドは継続中のように思います。

 

f:id:chachakin:20171222214631p:plain

<東証二部の1年足>

 

東証二部の1年足を見ても、日足レベルでも上昇トレンド中であることが見て取れます。

 

他のリスク指数は?

ドル円:円安

ユーロ円:円安

ゴールド:1250~1280付近を推移し、あまり変化なし

VIX指数:10未満

 

どれを見ても、下落する指標は出ていません。

 

まとめ

一通り確認しなおしましたが、日経平均が上昇しないことが不思議な状態です。

 

おそらく、クリスマス休暇で日経平均を上げる外国人があまりいない、かつ、国内は買っていることから、二部指数やTOPIXは上げ、日経平均は上げないということも言えそうです。

 

北朝鮮リスクについては引き続き気を付ける必要がありますが、その他の要因で下げそうな要素がない以上、ある程度したら上げてくるのではないでしょうか?

 

個別銘柄ですが、教育銘柄で注目していた『京進』がやっと躍進しはじめました。

まだ、出来高も増えていないため、今後の伸びに期待できそうです。