理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

来年へ向けたループイフダンを起動

茶金です、こんばんは。

 

今年の4月より始めたループイフダンですが、確定申告のため、1度利益、損失を確定しました。

 

ループイフダンというシステム上、利益は常に確定し続けるのですが、含み損がある程度溜まっていくものなので、清算をいつするのか悩みます。

 

本年度は、4月~12月で資金300万に対し、利益が120万程度、含み損が30万ほどあったため、含み損を確定し、次年度に向けまっさらな状態にしました。

 

ループイフダンの性質上、逆方向に進むと損失が膨らみやすく、また、相場は1年で変動する幅は限られますが、数年単位で見ると大きく変動するので、含み損を持ち続けることにはリスクがあります。

 

よって、一度損失確定し、頭をスッキリさせた状態で再度ループイフダンを起動することにしました。

 

現在、株に資金を100万ほど移しているので、本年度は200万で開始予定です。

 

 

 

豪ドルの設定は?

豪ドルはスワップ金利があるので、買いで含み損となっても金利がある程度補填してくれます。

また、豪ドルは長期で見ると75円~90円のレンジか90円~100円のレンジの二つがあることが見て取れます。

 

よって、現在は75円~90円程度のレンジと想定し、75円程度まで買い下がれるようにするイメージでいます。

 

設定については、多少おおざっぱですが、下記の通貨数ではじめます。

買い:8000

売り:3000

 

買いも売りも一番値幅の大きい『ループイフダンB80(AUD/JPY) 』、『ループイフダンS80(AUD/JPY) 』でやります。

値幅が小さいと、スプレッドを多く取られるため、値幅が大きい方が最終的には有利なようです。

 

開始のタイミングは少しずらします。

 

81円で買ったものは81.8円

78.8円で買ったものは、81.6円と

 

ずらせば、色々な価格帯で利確がされますが、全て同じタイミングで買うと、81円が81.8円になるまでずっと利確されないので、ストレスが溜まりますし、パフォーマンスが均一化されないこととなります。

 

米ドルの設定は?

ここについては非常に悩んでいます。

豪ドルは1年通してそこそこな値幅で動くので、大きな値幅での設定にしておけばよいのですが、米ドルは動くときは大きく動き、動かないときはあまり動かないという動きをします。

 

そのため、常に定常的に利益を取りたいのであれば、小さい値幅にしておけばよいのですが、スプレッドや含み損の溜まり具合を考えると、なかなか小さい値幅を選択できません。

 

よって、本年度は全体的な相場の方向性が見えるまで、米ドルをあまり動かさないことにします。

 

本年度は、下記に記載の通り、米ドルはあまり動かない、動くとしたら円高方向をイメージしています。

www.chachakin.com

よって、設定については、下記の通貨数ではじめます。

買い:1000

売り:2000

 

米ドルについては、売りの場合、スワップ金利でマイナスとなるため、売りでの含み損が増えると中々痛いことになるので、通貨数を抑えてスタートしたいと思っています。

 

EURO/USDの設定は?

ユーロドルの設定ですが、ループイフダンを確認したところ、値幅が小さいもの(0.2/0.4/0.6)しかなく、その値幅でやるとリスクが大きいので、一旦様子見したいと思っています。

 

ユーロドルは過去のチャートを見ると、レンジの値幅が大きいため、出来るだけリスクの少ない大きい値幅のものを選びたかったのですが、ループイフダン(アイネット証券)の品ぞろえが微妙なので、今回は見送りたいと思っています。

 

1.2とかがあれば、やりたかったんですがね。

 

ユーロ円の設定は?

ユーロ円は一旦見送りたいと思います。

 

年始になると、色々なアナリストの方が分析をし、今年の予想を出してくれるので、その予想について、自分と一番イメージの合う方の情報を基に、やるやらないを考えたいと思います。

 

おそらく、ドル円と同様に本年度は円高方向な気がしているのですが、ユーロは現状緩和しており、利上げによるユーロ高要因はまだまだ残っているからです。

 

よって、日本の金利が上がるのか、ユーロの金利が上がるのかそこ次第なのですが、方向性が出ていないので、現状は見送りとなります。

 

まとめ

本年度は、利益の出やすい豪ドルを主軸に、ドル円の売りをメインにやっていきたいと思います。

 

その他の通貨は、様子を見つつ、投入していきます。

また、裁量トレードができる資金も残してあるといざという時に動きやすいので、現状はそこも含めての様子見となります。

 

アイネット証券のループイフダンについては、下記が参考になります。

ネットでも色々と調べることはできますよ。 

為替王の最強FX投資 ループイフダン

為替王の最強FX投資 ループイフダン

 

 

★お願い★ 下の『株ブログ』のところをクリックしていただけると助かります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村