理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

投資ってそもそもどんな意味だっけ?投資の語源を調べてみた。

f:id:chachakin:20171203115312j:plain

茶金です、こんにちは。

 

日ごろよく使う『投資』という言葉。

よく使うのですが、実際そもそもどういう意味をもとにした語源なのか、よく知らないなと思い調べてみました。

 

 

 

投資の語源は?

Google先生で、『投資 意味』で検索すると、以下の解説となりました。

利益を得る目的で事業などに資金を出すこと。比喩的に、将来の利益のために多額の金銭を投入すること。

 

色々なサイトを調べると、語源は下記が主流のようですね。

投資:資金を投下すること

 

よって、Google先生の解説通り、『将来の利益のために、今の資金を出す』というのが正しそうです。

 

投資を英語だと?

投資に対する英語は『investment』が該当します。

investment自体は名詞なので、語源となる英語は『invest』という動詞になるはずです。

invest:投資する

 

investの語源は?

『invest』の語源を調べてみると、ラテン語の『investire』が語源のようです。

『investire』の語源は、下記からくるようです。

"to clothe in the official robes of an office,"

 

officeについては、『礼拝』や『儀式』の意味があるため、『礼拝や儀式の正式なローブを着る』となるか、『職務のための正式な服装を着る』

どちらか辺りになりそうです。

 

ここから、下記のように派生したという説があります。

立身出世のために青年が新調の服で社会に出たことから,利益を見込んで何かに投資するという比喩的意味が生じた

investの意味 - goo辞書 英和和英

 

investの語源は他の説も

前述で記載した内容以外にもあるようです。

 

『invest』を分けると、『in + vest』になり、『vest』自体に『服を着せる』の意味があったので、着るというより着せるの方が正しそうです。

ラテン語の『investure』も着せるの意味があるようです。

 

服を着せるという行為は、特権階級の人々がされることで、お金持ちは当時服を自分で着なかったわけですね。

 

その後、1600年に設立された東インド会社の設立で東インド貿易が始まり、1610年代に利益がもたらされたことで、その時に『資産に衣を着せる』⇒『利益をもたらす、増やす』という言葉の使われ方をしたことが今の語源に繋がるようです。

 

当時は、自身が投じた資産がどうなったか、数年単位で結果がわからない、また、天災により船が沈めば利益はなくなる。

本当にリスクが高かったように思います。

 

一方、リスクに対するリターンも莫大なことから、多くの人が資産を投じたのでしょう。

 

現在の投資は

当時と比較すれば、大分リスクは少なくなったように思いますが、新たにレバレッジという概念が生まれ、お金を数倍から十数倍に膨らませて投資ができるので、その分リスクは増しているともいえそうですね。

 

また、リターンもある程度見通しがつく現在の方が、投資環境としてはイージーなのではないかと思われます。

 

まとめ

投資の意味は『服を着せる』から派生した言葉で、東インド貿易で利益を得た人々が『資産に衣を着せる』⇒『利益をもたらす、増やす』と使い方を変えたことがきっかけのようです。

 

当時と比較し、リスクの少なくなった投資。みなさんもぜひ、やってみてはいかがでしょうか?

投資こそが我々サラリーマンが富裕層へ仲間入りできる唯一の手段だと考えます。

 

お願い 下の『株ブログ』のところをクリックしてランキングにお戻りいただけると助かります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村