理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

自民党勝利による株の安定感

茶金です、こんばんは。

 

投資家の皆様!

自民党大勝利、おめでとうございます!

 

先日のブログでは、政治の安定は株価を押し上げる要因と記載しましたが、まさに自民党の勝利が確定的になるに連れ、株価は上昇していきました。

 

そして、15連騰という、過去最高の上昇を見せました。

本日で16連騰ですね。

株価は経済面での政権の通信簿とも言われますが、アベノミクスはそれだけ評価されているし、実際の企業業績を押し上げています。

 

また、消費税増税分の一部を教育に当てるという政策を選挙時から発表しており、教育銘柄を仕込んでいましたが、私の持ち株については、昨日の寄りにて全て大きく上昇して始まりました。

 

保持していた銘柄は

ライクキッズ

幼児研究所

京進

です。

 

ライクキッズと幼児研究所は寄り天、京進は寄りも高く粘って終わりました。

ライクキッズと幼児研究所はper的には割安感も無いので、寄り天だったのはしょうがないようにも思えます。

材料も出し切りかもなと考え利確しました。

 

京進はまだまだ上を見てますので、保持継続です。

私の持ち株はほぼ京進となっており、信用でのレバレッジも大きくきかせています。

吉と出るか、凶と出るか。

チャート的にも上昇トレンドを継続しています。

 

f:id:chachakin:20171024203044p:plain

 

 

今後はオリンピックに向けて、建設株にも注目しています。

2014年にオリンピックが決まり、そこから建設株の株価は2倍程度になりましたが、2019年に向けオリンピック向け建設が増えるに連れ、関連銘柄の業績にも響いてきますので、期待できるかと思われます。

逆に、マンション建設がメインの企業の業績は伸びないのではないかと考えています。