理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

今後の投資戦略

 茶金です、こんばんは。

 

仕事が忙しすぎる、かつ、投資戦略に変更が無いため、あまり書くモチベーションが上がらない状態になってます。

日経平均株価が20年ぶりの終値で高値を更新。

f:id:chachakin:20171011215230p:plain

 

本当にめでたい限りです。

高値を更新した現在、投資戦略としてどのように望んでいくべきか記載します。

 

今後の投資戦略は?

私自身ができることは一つです、割安を買い、ひたすら待つ!

現在日経平均は大きく上昇しています。

 

現在、下記の通りになっています。

www.chachakin.com

アノマリー通り、株価は上昇中です。

これは、自民党が勝つことを見越して上げていると思っていますので、自民党の勝利ラインを割ってしまった場合は、大きく下げることになるかと思います。

政治の安定は株価の安定です。

 

www.chachakin.com

上記にも記載の通り、アメリカの経済は好調であり、かつ、法人税は減税、そして金利は上がると考えると、このまま3月~4月まで上昇してもおかしくはないと思ってます。

海外にある企業のドル資産をアメリカに戻す際の減税もされれば、アメリカ株の自社株買いにより、株価はバブル化してもおかしくありません。

 

次年度の秋にはアメリカの選挙があるので、そこまでに法人減税を入れてくることとでしょう。(政策を選挙でアピールするため)

そのため、そこまでアメリカの株価は高くしておきたいはずです。

 

日経平均については、正直、株価は過去で見れば高値圏ですが、割高感はありません。

一度企業業績を確認する作業を行い、再度上昇でしょうか。

そのため、21000付近で足踏みするようなシナリオも考えられます。

 

その足踏み中は、今度は優良な小型中型株が勢いづいてくるかと思いますので、私は小型、中型の優良銘柄、かつ、今回の選挙の争点である教育銘柄に力を注いで投資しています。

 

私自身、当初は10月くらいにアメリカが1度下げるのでは?と考えていたのですが、その時期を終えてしまいそうであり、終えてしまった場合、法人税を意識し、上昇という流れになりそうです。

やはり、人が警戒している時は下げないものですね。

12月にアメリカの借金繰り越しの議論が再度実施されるので、そこで1度押す可能性は高いと考えています。

日経平均も連れ安になるかもしれません。

下げたら買い時ですね。

 

気になるのは北朝鮮ですが、爆弾でも落ちない限りは下げたら買いで良いと考えています。

私の為替戦略も、来年に向け、下げたら買い、下げたら買いを繰り返す予定です。

ただし、1度に仕込まず、コツコツ複数回狙いリスク分散します。

 

まとめ

今後の戦略に変更はありません。

  • アメリカの景気は好調
  • 次年度の選挙を考えると法人減税が実現すると予想
  • 日本企業の業績は好調
  • 日経平均株価は割高ではない。
  • 自民党が勝つと政権は安定する。政権の安定は株価の安定。
  • 上記より、北朝鮮か、または、未知のリスク以外で下げる要因はない。

 

よって、下げたら買うを繰り返していくのが今後の戦略指針となります。