理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

ショーターを踏み上げた為替

茶金です、こんばんは。

 

為替が大きく戻した結果、日経平均や小型株も大きく上昇しました。

思った以上に戻したなという感じです。

 

このまま高値を抜けられるかというところでしょうか。

 

f:id:chachakin:20170913200709p:plain

為替計算機

 

上記はドル円のチャートですが、107.5円を付けた後、二日以上上げ続けています。

まさに踏み上げ相場ですね。

 

 

f:id:chachakin:20170913201240p:plain

 

上記は、ユーロ円のチャートですが、こちらもほぼ同様ですね。

これだけ押さなければ、多くの人が損切を余儀なくされたでしょう。

 

ただ、これはどちらかというと、ショートしてた人が淡々と買戻しをしたようなチャートとなっており、新たな需要が起きた結果ではないように思えます。

結果的に、為替が戻したので、日経平均も戻したということでしょう。

 

Goldは相変わらずそこそこの価格をキープしているので、リスクオンになったというのも時期尚早に思えます。

まだまだ様子見しつつ、焦らずゆったり相場に構えるのが大事だと思っています。

 

儲からなくても損をしないことが重要です。

上下に振られ、損を積み重ねるのは大きなマイナスです。

 

私のループイフダンですが、ここ一週間の下げからの上げで大きく利益が積み重なっています。

ボラが重要な取引手法なので、こういったタイミングではFXが着々と利益を積み上げていってくれます。

 

新興銘柄も息を吹き返していますが、バイオやゲームなど一時的なリバウンドで、またリスクオフに傾くとさーっと資金がひかれるように思います。

今は、下値の堅い優良銘柄をコツコツと拾っていくタイミングではないでしょうか。

 

まとめ

  • Goldの価格が大きく下落していないことから、まだまだリスクオンには傾いていない。
  • 様子見をしながら下げに強い優良銘柄を仕込むのが吉