理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

株の儲け方には王道がある!

こんばんは、茶金です。

 

株式投資について、これから投資を始める方、投資をしているけどうまくいっていない方。

色々とやってみた私が主観的に解説します。

 

株といえば!

みなさん、まずは株といえば何を思い浮かべるでしょうか?

おそらく、『東芝』やら『ANA』やら、個別銘柄を思い浮かべるのではないでしょうか?

そう!株式投資の王道は、個別株です!

 

個別株の銘柄は数えきれないほどあり、その中から投資する企業を選ぶのが基本形となります。

選ぶ理由はそれぞれですね。成長が期待できそう、優待が欲しい、配当金が良いなど、その株を購入する理由は人それぞれ異なってきます。

 

成長が期待できそうで買う人は何を期待しているのか?

それは、企業価値が上がることを期待しています。企業価値が上がるとどうなるのか?

それは、株価が値上がるということですね。

値上がった株を売れば利益になります。それを期待している方でしょう。または、将来の配当金でしょうか。

 

次に、優待が欲しい方、これはその企業を良く使う方で、定期的にもらえる優待も消費する方ですね。優待の方が配当金より利回りはいいので、銀行で寝かすよりは、自分の好きなものやよく使う企業のサービスを使いたいという人が多いんだと思います。

優待が拡充されると株価も値上がるので、優待で得をしながら株価の値上がりを待つといったことも考えられます。

 

最後は配当金が欲しい方です。

こちらの方は、企業が得た収益から株主としての権利を受け取っているので、投資のだいご味を味わいたい方にはお勧めです。

配当金狙いであれば、日本株よりはアメリカ株の方がよっぽど良いので、配当金狙いで日本株を買う方は少ないとは思いますが。。。

 

私はキャピタルゲイン投資をおすすめします!

下記のチャートは何を表しているでしょうか?

f:id:chachakin:20170910001415p:plain

日経平均のチャート

そう、こちらは2000年からの日経平均株価のチャートです。

 

あれ、日経平均株価を見るとほとんど上がってないじゃん?

となりますよね。

つまり、日経平均の指数をずっと購入してた方は利益をあまり得られていないことになります。

 

一方、下記のチャートをご覧ください。

f:id:chachakin:20170910001806p:plain

2008年から見ると、すでに7倍くらいですね。

これは、

「お、ねだん以上。」

で有名なニトリホールディングスの株価です。

 

他にも、無印良品なんかも似たようなチャートをしています。

 

業績が毎年毎年上がるような株は、長期的な成長によりこのように成長するので、そこに投資していた方は大きく利益を上げることができるのです。

 

こういった企業はあまり配当は出しません。

事業規模を大きくするために、得た利益を自社内の事業拡大に使うので、結果的にもらった配当を再投資するかのように、自分で再投資しなくても会社が投資しなおしてくれるのです。

 

ソフトバンクも、配当はあまり出さず、自社に投資してますよね。

まだまだ事業規模を拡大する会社は基本的には配当金は出しません。

 

一方、ソフトバンクとして対になりそうなドコモですが、こちらは配当金をしっかり出しています。

企業として成長できる事業領域があまりなくなってきたので、自社に再投資せずに、投資家に還元しているということです。

 

そのため、同じ業界でも、キャピタルゲインを狙いたい場合はソフトバンク、インカムゲイン(配当金)をもらいたい場合はドコモが良いということですね。

 

私はキャピタルゲインをお勧めします。

なぜなら、日本の企業は景気が良い時しか配当金を出さないからです。

景気が悪くなると、利益も出ない(出せない)ので、配当金をなくします。

 

また、日本企業の配当ですが、良いところで利回り数%しかもらえません。

株を持っていれば、そんなの数日で動きますって。。。

もっと株価が安定するようになれば、buy and holdしたいんですけどね。

 

一週間もあれば、数%動いているので、年間数%の利益などあてにならないのです。

配当金のために買っていたら、気づいたら-20%になるなんてこともあります。

配当金に期待してはいけません。

 

よって、日本株はキャピタルゲインで勝負です。

日本は7年くらいにごとに業績不調⇒業績回復⇒業績好調⇒業績悪化⇒業績不調の景気サイクルにより株価は動きますので、そのサイクルに従って買うのが長期投資で大きく利益を出すコツです。

 

または、ニトリのような身近でいいなと思う株を買うと、あんなチャートになったりします。

 

中期で利益を出すのであれば、景気のサイクルの回復~好調の区間を見つけ、そこのさや抜きをするのが良いと思います。

丁度去年の今頃からの半導体銘柄上昇に乗れていれば、現物投資であれば資産が2倍程度になっていたかと思います。

私も、今年の1月以降、半導体銘柄の押し目をコツコツと買い、利益を大きく伸ばしました。

 

一発逆転を狙いたい方は、新興銘柄のお祭りに参加することです。

特にバイオ銘柄、ゲーム銘柄は1年に1度お祭りがあり、そこでその中の期待できる銘柄が1か月か2か月で数倍になったりします。

その後、天井を迎え、そのセクタ全体が暴落するんですよね。

ちょうど、今のようなタイミングで。。。

 

その後、また1年間調整し続け、1年後くらいに調整が完了し、再度お祭りが起きるので、もし、この内容を覚えていらっしゃれば来年ぜひ参加してみてください。

欲に溺れず、さや抜きできれば、資金を短期で2倍に出来たりします。

うまく波に乗る必要があるので、くれぐれも出来高の減少だけは気を付けてください。

出来高の減少が下落の合図です。

 

まとめ

  • 日本株は景気のサイクルに乗ることで利益を上げると良い
  • 新興銘柄は1年~1年半くらいのどこかで急に動意づくので、そこで大きく利益を上げる。銘柄にこだわると1年間の調整に付き合うことになる。

 

お願い 下の『株ブログ』のところをクリックしてランキングにお戻りいただけると助かります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

?