理系サラリーマンの茶金が投資や財テクをやってみる。

サラリーマンをしながらでも投資はできる。そんなブログです。

株が買えません!

茶金です、こんばんは。

 

表題の通りなんです。株が買えません!

大型株は年初からそもそもほとんど上げていないので底堅い動きを見せていましたが、小型中型株はかなり大きく上げていたため、その分巻き戻されたような相場でした。

 

特に、バイオ銘柄、ゲーム銘柄の下げはひどく、マザーズ指数を下げる要因となっていました。

私が6月に儲けさせていただいたラクオリアPSS、アンジェス等軒並み暴落していました。

 

例年8月、9月は投資効率が落ちる時期です。

毎年、1月~5月まで下げていた場合は、逆にこの時期は固くなりますが、1月~8月まで上げていたため、下げが大きくなったようでした。

良く上げた小型中型は下げ、日経は1月~4月で大して上げていないので、この時期もあまり被害がないという状況でしょう。

 

私の主力は、小型、中型銘柄のため、 本日は、前からチャートが気になっていた『東邦金属』を少し買ってみましたが、それくらいしか売買しませんでした。

 

株が買えない、そんなときはどうするのか!

本当に実力のある方は、このタイミングで空売りを入れ利益を確保するのだと思いますが、私は中期でダウの空売りをしているのみで、個別銘柄の空売りは苦手です。

ということで、そんな私は株で儲からなければFXで儲けるしかありません。

 

また、こういう時のために分散投資として、株の利益をコツコツとGold関連銘柄に回したりもします。

そこそこ上がっているので、銘柄としては別途紹介します。

 

下記は本日のループイフダンの利益となります。

f:id:chachakin:20170905222127p:plain

 

為替はここ最近、ドルは108円~110円、ユーロは128円~131円とレンジで動いているため、その区間のグリッドトレードが良い感じで動いているようです。

もちろん、この時期含み損も増えたりするのですが、元のレンジに戻るころには大きく利益が増えていることが多いです。

為替の1年の動きのほとんどはレンジであるため、為替についてはグリッドトレードが有効と考えています。

 

株だけで投資していると、株が儲からない時期は休むしかないのですが、為替や他の投資を行っている方は儲けるチャンスがたくさんあるということですね。

 

まとめ

  • ループイフダンであれば、レンジ相場で大きく利益を出すことができる。
  • 為替の多くの時期はレンジ相場であるため、レンジの時期は為替の利益が大きくなり、レンジではない時期は株の利益が大きくなると分散が可能となる。